☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年は3月の大震災、原発事故で始まり、欧州債務危機またタイの洪水
被害と文字通り激動の1年でした。このようは環境の中で、株式市場も
低迷が余儀なくされ、本年初から年末までの下落率は日経平均株価で
17.3%、東証株価指数で18.9%となりました。また、規模別でみると、
大型株が-23.3%、中型株が-12.7%、小型株が-7.8%と主力大型株
の低迷が目立ちました。

その中でも、日本を代表する製造業の雄である(あった)ソニー(6758)と
サービス業の雄である(あった)野村HD(8604)の凋落ぶりが際立ちました。
この1年間におけるソニーの下落率は52.8%、野村HDの下落率は54.8%
と共に年初から半値以下の水準になっています。

かつてはソニーの家電製品は世界の市場を席巻し、チャレンジするソニー
の若々しい姿はまさに戦後高度成長の象徴でした。ところが加速するイン
ターネット時代の新たな潮流に乗り遅れ、現在のソニーは漂流する巨大
企業というイメージです。企業のサイクルで言えば、もはや衰退期に入った
という厳しい見方さえあります。

一方の野村HDは戦後の直接金融拡大の担い手として大きな役割を果た
してきましたが、現在は低迷する株式市場の中で委託手数料が大きく落ち
込み、投信関連の収益も低調、特に旧リーマンから買収した欧州部門は
欧州債務危機の影響で深刻な状況にあります。まさに八方塞がりの状態
であり、経営危機説まで出る始末です。

共に共通しているのは、会社を変革させるほどの新たなビジネスモデルが
打ち出せない
ということです。ただ、小さな会社なら可能でも、この2社の
ような大企業になると一口で新たなビジネスモデルと言ってもそう簡単では
ありません。

主力大型株はそろそろ買い場という見方もありますが、単純に株価が“安く
なったから買う”ではリスクが大きい
ということです。既にメガバンクの株価
がそれを如実に証明しています。

今回で今年最後ですが、1年間お付き合いありがとうございました。また、
来年もよろしくお願い致します。それでは、良いお年をお迎えください。

☆【1ヶ月無料延長】キャンペーン実施中!!
2011年12月29日~2012年1月4日限定受付
★同期間中、当サービスに【ご入会】または【更新】の方が対象です!
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型> http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<信用空売り型> http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_short.htm
<ブルベア型> http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク