☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週は日経平均が4ヶ月ぶりに9,000円台を回復する場面がありました。
欧米や新興国の金融緩和を背景に余剰マネーが世界の株式市場に
流入し、また東京市場にも戻り始めたということだと思います。このような
中で、最近の東京市場には特徴的な動きが見られます。

多くのハイテク株が業績発表を機に悪材料出尽くし感から買われている
ことです。パナソニック(6752)のように今期大幅赤字でかつ来期以降の
業績回復が見えない銘柄まで買われており、日本を代表する景気敏感株
なら何でもよいという感じさえあります。空売りしていた向きの買い戻しの
動きと相俟って上昇に弾みがついています。

一方で、ゲームサイト運営のディー・エヌ・エー(2432)がこの数ヶ月で
4,000円台から2,000円割れまで売られたように昨年後半から大幅に買わ
れてきたサービス系内需株の一角が急落するという現象が起きています。
ディー・エヌ・エーなどは業績が好調にも拘らず、かなり激しい売られ方に
なっています。

多分、これはロング・ショートを手掛けている外国人投資家が今まで買って
きた好業績内需株売り、反対に今まで売ってきた景気敏感株買って
きたのだと推測されます。リーマン・ショック後の2009年頃にも同じような
動きが見られました。このような観点から最近の相場を見るとその流れが
かなり理解できると思います。何だかんだと言っても、東京市場は外国人
投資家次第ということでしょう。

従って、これからの過剰流動性相場はかつてのようにあらゆる銘柄が上昇
するという相場にはならないと思われます。格差社会ではありませんが、
相場の世界も上がる銘柄、下げる銘柄の格差が大きくなるということです。
そして、今買われている景気敏感株の中でも来期の業績次第では今後は
大きな格差が生じてくるはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 のロングショート戦略!
「投資助言サービス」<ブルベア型> 
相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト