☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

大震災から1年が経ちました。今朝の電車の中でも「地震が来なければいいね」
と話している乗客の声が漏れ伝わってきましたが、まさに全国民が望んでいる
ことでしょう。

さて、今週(2012年3月17日現在)は日経平均が8ヶ月ぶりに1万円の大台を
回復しましたが、今回の上昇相場の主役は外国人投資家であり、直近まで
11週連続の買い越しになっています。一方で、今回の相場に乗り遅れ、
押し目待ちに押し目なし”の中で、なかなか動きにくい投資家も多いと
思います。本日は今さら外国人の尻馬に乗りたくないという方に出遅れ株
ひとつをご紹介いたします。

電極大手の日本カーボン(5302)です。前期(11年12月期)は主力の電極が
伸び悩みましたが、ファインカーボンが太陽電池や半導体メーカー向けに好調、
またリチウムイオン電池負極材も伸長し、経常益26.4%増と好調な決算内容で
した。ところが、今期(12年12月期)の会社予想は一転して23.9%減という
大変厳しい内容となりました。

今期の減益予想は主力の電極が円高で輸出が不振であること、また半導体
や太陽電池業界の回復が遅れるとの見通しに基づくものです。ただ、この会社
業績予想は慎重な傾向が強く、期初に低めの数値を出し、期末にかけて
上方修正するケースが多いのです。そして、今回もそのようになる可能性が
高いと見ています。

その根拠は、
1.年後半から主力の電極の値上げ効果が出てくること
2.太陽電池向けのファインカーボンが年後半から回復する可能性が高いこと
3.想定為替レートは1ドル=75円であり、今後円安効果が期待できること
などです。

日本カーボン(5302)の株価は226円と低位であり、下値不安も小さく、“直ぐに
動かなくともそのうち動けばいい
”と発想する投資家には打って付けの銘柄だと
思います。そして、そのような発想で投資すると、意外に早く動き出したりする
ものですが・・・。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト