☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週(2012年3月24日現在)の日経平均株価は7週間ぶりに下落となり
ました。テクニカル的にも過熱感があるところに、欧州や中国の景況感の
悪化懸念や円安一服がきっかけとなりました。ただ、今回の上昇相場は
世界的な金融緩和が背景にあること、また米国景気に回復の兆しが見えて
いること、そして極端な円高に戻る可能性が小さいことなどから、これで
今回の上昇トレンドが終わるとは思えません。当然の一服と捉えてよい
でしょう。

従って、ここからは基本的には押し目買いのスタンスでよいと思いますが、
そうは言っても、どのタイミングでどんな銘柄を買えばいいのかあまり簡単で
はありません。日経平均が目先調整となれば、当面は主力大型株が一服と
なり、中小型株や材料株が物色される動きが想定されます。

ただ、来期の業績が最大の関心事となるこの時期に、業績を無視して中小
型株や材料株が買われるとも思えません。やはり来期増益が見込まれこと、
そして割安感があること、更に現在のテーマに乗っている銘柄が狙い目と
いうことになります。そこで、ズバリ!「環境」と「エネルギー」を主要テーマに
事業を展開しているタクマ(6013)に注目してみたいと思います。

今年の7月からの“再生可能エネルギー買い取り制度”のスタートを控え、
再生可能エネルギーに注目が集まる中、同社の中核事業は廃棄物処理
プラントおよび国内外でバイオマス発電プラントです。今期PERは11.6倍、
来期は特別損失もなくなり、受注も順調なことから1株利益が60円前後に
なるとの見方もあります。もしもそうならばPERは7倍、超割安です。

タクマ(6013)の3月23日の終値は420円、目先の高値から約5%の押し
が入っている水準です。今年2円復配したばかりで配当利回りは0.48%と
低いことから、27日の権利付最終日までは動かないかもしれませんが、
逆にその辺が買いのタイミングになるかもしれません。

“再生可能エネルギー買い取り制度”の解説はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/fglossary.htm
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク