☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ソニー(6758)の平井新社長は2012年4月12日の記者会見で、「変化」という
言葉を繰り返し、「ソニーが変わるのは今しかない」と危機感を表したそう
です。同社は前期の業績について赤字額が2,200億円から5,200億円に拡大
し、創社以来最大の赤字規模となっており、この日は今後の戦略を語る場
となりました。

この日に示された5つの戦略とは、
1.デジタルイメージングとゲーム機、モバイル機器の3部門をコア事業とし、
営業利益の85%を稼ぐ
2.テレビ部門はリストラやコスト削減により費用を昨年比60%の水準にまで
削減し、今期黒字化を目指す
3.エレクトロニクス事業中心に新興国での売上増を図る
4.医療部門など新しい市場を開拓し、未来成長動力を見い出す
5.事業ポートフォリオを見直して経営最適化を実現する
というものでした。

ところが、この材料を受けて、翌13日のソニーの株価は84円安の1,444円と
大幅安となりました。しかも日経平均株価が大幅高する中での逆行安でした。
要するに、このような戦略では収益目標の達成は難しいと市場が判断したの
だと思います。

テレビに代わる目新しいものが見えず、戦略が総花的であり、そして迫力も
危機感もなく、まさに経営企画部門のスタッフが書いた作文のような内容で
した。そもそも「変化」、「コア事業」、「リストラ」、「新興国」、「新規事業」など
のキーワードは既にどの会社でも掲げているものであり、しかも他社ではもっと
早くからより強力に推し進めているものばかりです。

また、今さら、ソニーのDNAを目覚めさせると言ってもピーンときません。むしろ、
今こそ、ソニーのDNAをぶち壊すことこそ求められているのではないでしょうか。
ソニーというエリート意識こそ、この会社が変わることを阻害していると思われ
るからです。株価は正直です。ソニーは第2のNECへの道を歩み始めたという
ことでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト