FC2ブログ

経済は政治に規定される!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近のプロ野球は特別ルールにより、引き分けの試合が大変多くなって
います(※2012年5月27日現在)。いかに節電のためとは言え、
このようなファン無視のやり方はやがて人気面でも悪影響が出てくる
はずです。せめて、引き分け試合の入場料は半分位は返すべきしょう。

ところで、前回のメルマガで、「ギリシャでは国民の約80%がユーロ残留
望んでいる。現在、EUは財政規律最重視という強気の姿勢を崩していな
いが、まもなく一定の譲歩をし、ギリシャ問題はユーロ残留で決着する。」と
書きました。しかしながら、市場ではギリシャのユーロ離脱の現実性が
高まっているとの見方も多く、世界の株式市場からリスクマネーの流出が
続いています。

今回の問題のポイントは、経済と政治との狭間にあると思います。メルケル
独首相、サルコジ前仏大統領の両首脳が主導してきた財政規律最重視の
政策は、選挙という政治の前にもろくも頓挫してしまいました。ギリシャの
総選挙しかり、フランスの大統領選しかりです。

“政治は経済に規定される”と主張したのはカール・マルクスですが、現在
の民主国家においては、“経済は政治に規定される”のです。従って、
経済合理性が必ずしも通用するわけでもないのです。しかし、ギリシャは
ユーロ残留で決着するはずです。なぜならば、それ以外の選択肢はない
からです。ただ、その結論に至るまでには政治の問題があります。それは
ドイツです。

ドイツでは多額のユーロ支援を好ましく思っていない国民も多く、従って、
ユーロ支援の前提として財政規律を守ることを強硬に主張せざるを得ない
のです。しかし、ここまできたら、財政規律一辺倒だけではまとまりません。
ドイツには国民を納得させる時間と駆け引きが必要なのです。

以上のような観点から相場を見るならば、底打ちの日も近いのではないで
しょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです! 
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「売却指示が欲しい」「デイトレで成果が上げられなかった」「忙しい」
という方にぴったりのサービスです。
空売りもご希望の場合は、状況次第では、空売りのご提案も組み入れます。
銘柄売買のご指示は電子メールまたはFAXで行います。つづきはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース