☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ギリシャのユーロ離脱懸念で大騒ぎしている最中、今度はスペインがクロ
ーズアップされてきました(※2012年6月2日現在)。同国では大手銀行
バンキアが政府に支援を要請
したことをきっかけに、金融システム不安が
拡がっています。スペインの経済規模はユーロ圏4位とギリシャなどに
比べて遥かに大きいだけに深刻な懸念材料になる恐れがあります。

ただ、このような問題はある程度想定された範囲内のものです。そのために
セーフティネット(財政安全網)の構築に多大な時間と労力を費やしてきた
わけです。

振り返るに、2010年6月には、EUの27の加盟国によって、欧州金融安定ファ
シリティー(EFSF)
が設立されました。当基金は、ギリシャの財政悪化に端を
発したソブリン危機への対応において、EUとIMFが打ち出した最大7800億
ユーロ規模の救済案の中核部分を担っており、その後の合意では、元手を
殖やさないまま資金供給力を約1兆ユーロに拡大し、さらに国債の買い支え
や銀行への資本注入にも使えるようにしています。

当基金は今年7月に設立が予定されている欧州安定メカニズム(ESM)
引き継がれる予定ですが、ESMはユーロ圏の恒久的な危機対応機関で
あり、欧州版のIMFと言われています。ESMの目的は、財政危機に陥った
ユーロ圏を支援することであり、欧州中央銀行(ECB)が管轄します。

今回の欧州危機に関して最も関心があるのは、ESMなどのセーフティネット
(財政安全網)が機能するのか?限界があるのか?それとも想定を遥かに
超える規模で全く役に立たないのか?という点です。しかし、色々な情報や
マスコミ報道を見ても、大変だ、大変だと大騒ぎするだけで、この視点から
分析されたものが全くありません。このような事態に備えてセーフティネット
が構築されたはずですが・・・。今こそ、冷静な見方が求められるということ
でしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト