FC2ブログ

景気敏感株が復活するのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

サッカーの欧州選手権はいよいよ大詰めを迎えています(※2012年6月30日
現在)。決勝はスペインイタリアという組み合わせですが、共にユーロ圏
を騒がせている国というのが何とも皮肉です。財政も経済もサッカーには
関係ないということでしょう。それにしても、先日のドイツ・ギリシャ戦で
勝利したドイツのメルケル首相の喜びようは尋常ではありませんでした。
日頃からギリシャに対して鬱憤が溜まっていたのでしょうか。

欧州のサッカー熱は日本の比ではありません。経済が全てではないという
彼らの文化や歴史が垣間見えるようです。このような国々には緊縮財政は
馴染まないのかもしれませんが、欧州債務問題は長い間、世界の投資家
を悩まし続けています。今やEUに対して疑心暗鬼は一段と強くなっており、
もはや彼らがどのような行動を取ろうとも信用しないという投資家も増えて
います。

従って、今回のユーロ圏17ヶ国首脳会議への期待も決して大きなものでは
ありませんでした。ところが、期待?に反して、今回の合意事項は十分注目
に値するものだと思います。株式市場にとってターニングポイントになるかも
知れません。そうなれば、売り込まれた景気敏感株の復活というシナリオも
見えてきます。

ところが、今週の業種別動向を見てみると、上昇率の上位は、不動産
(+5.73%)、建設・資材(+4.07%)、医薬品(+4.05%)、情報通信・
サービス他(+3.67%)、小売(+3.49%)など内需関連株のオンパレード
なのです。一方で、エネルギー資源(-1.04%)、電機・精密(-0.10%)
など景気敏感株の動きは一向に冴えないのです。

7月は二日新甫(ふつか・しんぽ)ですが、相場格言に「二日新甫は荒れる」
というものがあります。荒れる相場の中で、内需関連株の物色が続くのか、
それとも景気敏感株が復活するのか、来週の動きが大いに注目されます。

それでは、また来週!

★バリューサーチ投資顧問『経済指標月間カレンダー』↓
http://value-search.co.jp/event/index.htm

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース