☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

注目の6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が8万人増と市場予想
の10万人増を下回ったとのことです(※2012年7月7日現在)。
米国景気は一進一退のようですが、中国景気は意外と回復している
という直近の専門家によるアンケート結果はなかなか興味深いものが
あります。

ところで、6月中旬に国内大手証券D社が大手商社のレーティングを厳しく
引き下げを行いました。伊藤忠商事(8001)丸紅(8002)は1から3に、
三井物産(8031)は2から3に、三菱商事は3から4に格下げしました。4社
ともPERは4~5倍、PBRは0.8~1.1倍、配当利回りは4%後半であり、まさ
超割安銘柄なのです。

なぜこのような評価になってしまうのか。それは現在の相場環境によるもの
だと思います。現在の相場では割安度(PER、PBR、配当利回りなど)は
ほとんど無視されており、重視されているのは成長性(増益率の変化率)
のです。景気が不安定な局面ではよく見られる現象です。

格下げされたのは資源高に依存している体質に限界ありとの評価なので
しょう。確かに中国などの景気減速により資源価格は低迷しており、業績へ
の影響は避けられないと思います。

ただ、各社との非資源分野を強化しており、丸紅などは電力、食料、化学品
など非資源分野で稼ぎ、今期増益率は+9.2%と最高益更新の予想です。
しかも超割安銘柄です。この銘柄が2段階格下げされたのは、D社から
言えば、今期の増益率は達成できない、そして来期以降の業績も厳しいと
いう評価なのでしょう。

ただ、この評価が正しいかどうかはわかりません。非資源分野に大きな成長
性があるかもしれませんし、また意外に早く中国景気が回復するかもしれま
せん。この辺の判断次第では、丸紅は買い銘柄にも売り銘柄にもなりますが、
ここが株式投資の難しさであり、面白さでもあるということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク