☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

電通(4324)は7月、英国の大手広告会社イージスグループ
(以下、イージス)と同社の買収で合意しました。買収額は
約4,000億円
に上る見通しです。買収の趣旨は、世界の広告会社
の5位である電通が、同8位のイージスを取り組むことでヨーロッパ
中心に海外分野の拡充を図ることです。クロスボーダーM&Aは現在の
グローバル時代においては、当然の戦略だとは思いますが、問題は
買収価額が妥当かどうかです。

まず、買収対象のイージスの現況を見ると、前期(2011年12月期)は
売上高が1兆4,700億円、営業利益は180億円、純利益は100億円です。
M&Aの常識では、買収価額は営業利益(厳密にはこれに減価償却費を
加えたEBITDA)の5倍~7倍程度が妥当とされています。要するに、
5年~7年程度で買収代金を回収するという考えです。今回の買収価額
は営業利益の22倍強、単純計算では買収代金の回収に22年間かかる
ということになります。

更に、イージスの純資産は約570億円ですが、この会社を4,000億円で
買うということは、PBRで言えば約7倍と超々割高です。また、純資産
と買収価額の差をのれん代(営業権)として償却(費用化)する必要
がありますので、今回は4,000億円-570億円=3,430億円の膨大な
費用が新たに発生します。今後の利益を圧迫するのは明らかです。

要するに、4,000億円の買収価額はどう見ても高過ぎるということです。
そして、それは今後の電通の経営の根幹に関わりかねないということ
です。うがった見方をするならば、イージスの主戦場であるヨーロッパ
は当面は厳しいビジネス環境が予想され、また、前々期の営業利益は
前期の半分にも達していない点などを考えると、イージスには高値で
うまく売り逃げられたということでしょうか。

日本の大企業のM&A下手はつとに有名ですが、“電通よ、お前もか!”
という印象です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
<信用空売り型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_short.htm
<信用空売り型>Q&Aはこちら
http://value-search.co.jp/Q&A2.htm#question4
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」
はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 生きた証券用語辞典
株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを随時登録し、
”生きた辞典”を作ります。
M&A関連のワード
・「M&A」とは?
・「のれん代」とは?
・「
売上高」とは?
・「営業利益」とは?
・「減価償却費」とは?
・「PBR」とは?(バリューサーチ投資顧問「割安株解説」より)
新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト