皆さん、株式投資の成果の方はいかがですか。
あまりいい結果が出ていなくとも当メルマガが応援しますので、
あきらめることなく、こつこつと投資の基本を学んでいけば、
必ずや大きな花が咲くと確信しています。

さて、今日は
PERやPBRなど指標を利用して投資判断する際に
大きなヒントになるお話

をしましょう。 

各銘柄の割安度をPERやPBRといった指標で判断する際に
注意しなければならないことは、
業種によって指標の平均値が大きく違う
ということです。
2005年1月末現在のPERでいえば東証平均は18.6倍ですが、
最もPERが低い海運業では9.3倍
最も高いサービス業では34.8倍(水産・農林業は除く)
と、こんなに大きく違うのです。

例えば海運業に属するある銘柄のPERが12倍としますと、
市場全体の平均値である18.6倍と比較すれば割安かも
しれませんが、
同業種の平均値である9.3倍と比較すると割高
ということになります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
割安度を判断する場合は、
業種ごとに行なうのが正しいやり方
です。
類似した企業同士の比較(同一の業種内)で割安な銘柄
を選択することが重要

であり、市場平均や他業種と比較しても十分とは言えません。
フライ級のチャンピオンとヘビー級のチャンピオンを比較して
どちらが強いか、と議論しても意味がないのと同じです。

そして業種ごとに割安度を判断するには常に
業種ごとの最新データを手元に持っていることが必要
になります。
当社のホームページ「業種ごとの割安指標」の画面では
月末ごとにデータを更新していますので、是非ご活用ください。

■「業種ごとの割安指標」はこちら ↓
http://www.value-search.co.jp/hint.htm

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って
割安株を探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付け
による方法です。対象銘柄は日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資についての
考え方がよく分かります。「割安株を探そう!10分間投資講座
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク