FC2ブログ

☆第7回 投資講座のテーマ ~財産も収入も両方とも大事?~

前回まで「PER」などの利益系の割安指標を説明
しましたが、今回は
「PBR」
(ピービーアール)についてお話します。
「PBR」は
「株価純資産倍率」
とも言われ、
資産を基準にした割安指標です。
「PBR」は、「PER」と並んで、
最も一般的な割安指標
といってよいでしょう。

「PER」などの利益系割安指標が、企業が獲得する
利益面(フロー)から株価の割安度を見るのに対し、
PBR
資産面(ストック)から株価の割安度をとらえます。
人生のパートナー選びにたとえるならば、
持ち家や貯蓄額など現在の財産を重視するならば
「PBR」派、
パートナーの能力を信じて今後の稼ぎを期待するならば
「PER」派、というイメージになります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が活用する8指標
用語解説はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/description.htm
本日の講座を読み終えた頃には、
6番目の「PBR (株価純資産倍率)」
の解説内容が既に身に付いているでしょう。
=======================================
「PBR」は、
株価を1株当り純資産で割って
求められます。
1株当りの純資産の額は会社四季報や会社情報において
明示されていますので、容易に求めることができます。
例えば、株価が500円で1株あたりの純資産が250円ならば、
500÷250PBRは2倍
となります。
小さい値ほど割安
ということになります。
わが国も時価会計の導入により、
資産が簿価から時価で評価になりつつあり、
「PBR」の信頼性が以前に比較して一段と高まったと
言えます。

「PBR」の計算に用いられる純資産とは株主資本額のこと
であり、貸借対照表上の
総資産から負債を差し引いた額
に相当します。
つまり、
仮に会社を現時点で解散して清算したとすれば、
いくらの資産が残るか
を示す値であります。
従って、1株あたりの純資産よりも株価が低いというケース
PBRが1倍未満)では、
その企業の全株式を購入し、
解散すれば、利益が得られる
ことを意味します。

このことから、PBRが1倍前後か、それ以下の水準なら、
資産面からみて割安
とみなされ、
一般的には
下値不安が少ない銘柄
と判断されます。
また、そのような銘柄は、市場では
買収の対象
として注目されやすく、
経営者は企業防衛の観点から株価を上げることが
求められるわけです。

ただ、現在の景気や企業業績の回復を買う大相場の中では、
(※2005年10月現在)PBRはやや影が薄い指標になりつつ
あります。
ちなみに、東証1部の平均PBRは約1.9倍ですが、
80年のバブルの時代では6倍前後まで買われました。
現在の相場が過熱感なき業績相場と言われるゆえん
なのです。

⇒つづきます ☆第8回 投資講座のテーマ ~利息がない預金なんてバカバカしい!~



バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://value-search.co.jp/education.htm

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース