FC2ブログ

尖閣問題の裏にあるものとは?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日中関係が尖閣諸島を巡って極めて厳しい状況にあるだけに、このことに
目が行きがちですが、中国にはもっと大きな問題が潜んでいることに注意
したいと思います。ひとつは経済の問題、もうひとつは政治の問題です。

まず前者で言えば、中国経済はかなり深刻な状態に陥っているということ
です。世界景気の減速の中、その対策として中国政府は公共投資の拡大
に力を入れてきましたが、その結果は不動産バブルの崩壊と過剰設備の
発生、そして財政の悪化でした。目指すべき消費の拡大には結びつかず、
“投資反動不況”と言われる所以です。このことで貧富の格差がさらに
拡大し、消費低迷に拍車がかかるという悪循環になっています。まさに
日本の“失われた20年”を連想させます。

かつての中国は世界の工場として投資マネーが急成長を牽引してきました
が、賃金が上昇したことで、既に多くの海外企業が生産拠点を中国から
他国に移し始めています。追い討ちをかけるように、今回の問題で
日本企業の大幅減産や撤退が予想され、中国経済や雇用への影響は
深刻なはずです。

そして、政治の世界では権力闘争が勃発しています。次期指導者である
習近平氏の「太子党」グループと胡錦濤国家主席の「共青団」グループとで
想像を絶する主導権争いが繰り広げられています。胡錦濤氏は経済失速を
太子党に責め立てられており、また、尖閣問題は親日政策の失敗として
厳しく追求されているのです。亡霊のような江沢民前主席まで交えたこの
権力闘争は更に激化することが予想され、従って、中国が尖閣問題で譲歩
することなどあり得ないのです。

丹羽(前)中国大使が今後の日中関係の関係修復に、「最悪の場合40年
以上の歳月がかかるだろう」と話したように、日中関係は長く暗いトンネル
に入った
ということでしょうか。銘柄選択においては日中問題をそのように
捉えておいた方がよいかもしれません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース