FC2ブログ

市場の関心は来期に移る!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

一度失敗したから駄目という見方が多くありました。
しかしながら、一度失敗したから却って良いという
こともあります。
安倍首相のことです。矢継ぎ早に打ち出される政策
に過去の失敗経験が背景にあるように思えます。
これからは、マスコミや評論家などが足を引っ張り
出すと思いますが、政治家にとって大事なことは
大衆迎合的な人気ではなく、
“千万人ともいえども我行かん”という心意気で
結果を出すことです。

その安倍政権への期待から東京市場は急上昇
しましたが、今週の動きを見てみると、やや潮目
が変りつつあるように思います。
衆院解散決定時から直近までのスタイル別の指標
を見ると、バリュー株の上昇率は27%ですが、
グロース株は19%とかなりの差があります。
小型グロース株に至っては
16%と更に出遅れ感が顕著です。
これは海外市場と比べて割安ということから、
外国人中心に低PBR銘柄が買われたためです。

しかし、今週の動きを見ると、久し振りに
グロース株(+1.37%)バリュー株(+0.92%)
上回りました。
これはたまたまなのかは現時点では断言できません
が、低PBR銘柄の循環物色が一段落した可能性が
あると思います。
年代わりを機に、市場の関心は来期業績に移り
つつあるということでしょう。
とは言っても、来期業績を予想することは簡単
ではありません。
四季報などで来期予想は掲載されていますが、
正確な予想とは言い難いのが現状です。
できるだけ正確に把握するには、まもなく発表
される第3四半期決算の内容をよくチェックする
しかないのです。
そして、業績のトレンドとその根拠を知ることです。
それでも疑問があれば、当該会社のIR部署に確認
してみることです。
ほとんどの会社がていねいに説明してくれる
はずです。

何を買っても儲かるなどという夢のような相場が
いつまでも続くわけではありません。
労なくして成果なしということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです! 
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「オンライン証券で自分で売買したいけど、
銘柄選択と売買タイミングの指示がくると助かる」

という方にぴったりのサービスです。
銘柄売買のご指示は大引け後に、電子メールまたはFAXで
行いますので、お客様のお時間を一切邪魔しません!
つづきはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース