☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

いわゆる、“アベノミクス”を材料に建設株が
大きく買われました。
しかし、冷静に考えてみれば、公共事業の
受注競争は大変厳しく、実際に受注できるかも
未知数、受注できたとしても売上計上まで
かなりの時間がかかります。
まして、労賃の高騰で利益が上げづらい状況に
あります。
取りあえず、ムードで建設株を買った第1ラウンド
は終了、これからは実際に業績に寄与するかを
見て選別される段階に入るのではないでしょうか。

ただ、建設株の中でも住宅株は確実性が高いと
思います。
その理由は、今後多少でもインフレ期待が
出てくれば、当然ながら値上がり前に買おうと
いう動きが活発になってくるはずであり、また、
景気回復に伴って、住宅ローン金利の上昇が
想定されることで駆け込み需要が想定される
からです。
無論、住宅ローン減税の拡大延長や相続税の
優遇措置なども追い風になるのは間違いないで
しょう。

そこで本日は、プレハブ住宅の中堅メーカー、
エス・バイ・エル(1919)を紹介したいと
思います。
同社の今期(13年2月期)は親会社のヤマダ電機
提携強化を図りましたが、当初計画した人員増強
や分譲用地取得が遅れたことで経常赤字4.8億円の
見通しです。
ただ、ヤマダ電機も住宅事業に本腰を入れてきて
おり、リフォーム事業分譲事業など提携効果は
かなり大きく、来期は本格的な収益寄与が期待
できると見ています。

6月には社名をヤマダ・エスバイエルホームに変更、
知名度や信用力のアップを狙います。
そして、何よりも魅力的なのは100円台の株価です。
大体、100円台の銘柄は信用面や財務面で不安が
あるところが多いのですが、同社はこの点で全く
心配がないのも強みです。

大和ハウス工業(1925)など大手も有望だとは
思いますが、既に株価はかなり高い水準にあります。
中長期的な観点から株価倍増の可能性を考えれば、
170円前後のエス・バイ・エルの方が遥かに高い
ように思いますが、いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
推奨銘柄に関するご相談はメールにて回答中!
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト