FC2ブログ

これからの銘柄選びは簡単でない!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨年11月の衆院解散決定時から直近までで
日経平均は約30%の上昇となりました。
しかしながら、一気に上昇した局面だけに
ここからの銘柄選択は決して簡単ではないと
思っています。
今後の銘柄選択のポイントは2つあります。
ひとつは、今後はより業績内容に着目した相場に
なること、そして、もうひとつは如何に
出遅れている銘柄を探し出すかだと思います。

まず、昨年11月の衆院解散決定時から先月末まで
の規模別の騰落率を見ると、
1位 +32.7% 小型株
2位 +32.4% 大型株
3位 +26.1% 中型株

以上のとおりです。小型株と大型株はほぼ同様
の上昇率ですが、中型株はかなり出遅れています。
大型株は外国人が買い、小型株は個人投資家が買い、
中型株はエアポケットのようになったということ
でしょうか。

次に、同時期の業種別の騰落率を見てみたいと
思います。
■ベスト5
1位 +77.5% 不動産
2位 +65.9% 金融(除く銀行)
3位 +60.1% 自動車・輸送機
4位 +48.9% 銀行
5位 +38.9% 医薬品
■ワースト5
1位 -7.83% 電力・ガス
2位 +9.19% エネルギー資源
3位 +13.0% 電機・精密
4位 +15.7% 情報通信・サービス他
5位 +19.6% 素材・化学

以上のように、追加金融緩和を好感して、
不動産や金融(除く銀行)、銀行が大きく買われ、
円安を材料に自動車・輸送機も伸長、また医薬品
のネット販売などを材料に医薬品も堅調でした。
一方で、活断層問題や厳しい経営状況を映して
電力・ガスが唯一マイナスとなり、デジタル家電が
不振の電機・精密や設備稼働率の低迷が続く
素材・化学の上昇率は平均以下に止まりました。
このように業績内容によってシビアに選別されて
いるのがよくお分かりだと思います。

ここからの狙い目は出遅れ銘柄の中から市場の
予想以上に業績内容が良い銘柄ということになる
と思います。そのような銘柄はたくさんあるはず
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース