☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週はシャープ(6753)にサムスンが
出資するとのニュースで同社株が一時大きく
買われる場面がありました。
同社は世界最高の液晶技術を持ちながら
亀山ブランドに拘った戦略が致命的なミスに
なったと言っても過言でありません。
にも拘らず、経営責任を明確にすることなく、
社員の大幅リストラというやり方には違和感
があります。
シャープに限らず、多くの家電メーカーの
優秀な技術者が海外企業に流れることが想定
され、このことが日本の技術流出に繋がる
のは間違いないでしょう。

ところで、この時期になると期末配当が未定
の企業が市場の関心になります。
特に無配企業が復配するのかは大いに注目
されます。
その中のひとつが川崎汽船(9107)です。

同社は1月末の業績発表の際、期末配当に
ついて、
「今後の為替動向、株価水準等の不確定要素
により当期純利益が大幅に変動する可能性が
残ることから、現時点では未定」
とコメントしています。
要するに、円安基調が続き、また株高が続く
という条件が満たされるならば復配すると
いうことです。
従って、現在の状況を見れば、復配の可能性
はかなり高いと見てよいでしょう。

それでは、どの程度の復配になるかですが、
同社の配当性向は25%ですので、もし純利益
が予想どおり100億円ならば配当原資は25億円
ということになります。
この金額を発行株数で除すると1株につき2.66円
という計算になりますので、1株2.5円程度
予想されます。

小幅復配の材料だけではインパクトは小さい
かもしれませんが、同社はばら積み船の市況が
低迷しているものの、コンテナ船の需給が好転
していることや今後新造船の供給圧力が減る
こと、また円安が追い風になること、そして、
PBRが未だ0.6倍台と割安なことなどから、
復配をきっかけに第2弾の上昇波動入り
期待できるかもしれません。
今後の株価の動きに注目です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 生きた証券用語辞典
株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを随時登録し、
”生きた辞典”を作ります。
本日のコラム「川崎汽船は2.5円の復配か?」関連のワード
・「復配」とは?
・「配当取り」とは?
・「配当性向」とは?
新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます!
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク