FC2ブログ

更なる飛躍には休養も不可欠!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

自国の株式が上がることがそんなに嫌なの
でしょうか?
アベノミクスが成功すると何か困ることでも
あるのでしょうか?
5月24日の朝日新聞トップに掲載された社説
“アベノミクス、危うさ露呈”の内容たるや
偏見的、一方的なひどいものでした。
政権批判やバブル警戒論は大いに結構ですが、
天下の公器である大新聞ならば、もう少し
客観的で冷静な主張をしてもらいたいものです。
こんな主張に投資家が惑わされないことを
願うばかりです。

23日の日経平均1,143円安について一言で
言えば、“当然のスピード調整”ということ
でしょう。相場が自律的に調整することを
望んでいたということです。
そういうタイミングを捉えて目先筋の
ヘッジファンドが仕掛けてきたのでしょう。
従って、何が要因かなどと後講釈はあまり
要らないのです。

現在の東京市場は景気、企業業績、
バリュエーション
のどこを見ても、
生きるか、死ぬかなどという大病の兆候は
ありません。
よくあることですが、休みなく働き過ぎの
人間が風邪をひくようなものです。
これも体自体が休むことを要求しているので
あり、休養することで元の元気を取り戻せる
のです。
更なる飛躍のためには、相場も人間も適度の
休養が不可欠ということです。

しかし、風邪だからと言って1日や2日で
回復するわけでもありません。
完治するまでは少なくとも1~2週間程度は
かかるでしょう。
こじらせれば1~2ヶ月かかることもあります。
この休養期間が次の相場のステップと捉えたら
いかがでしょうか。

ただ、あらゆる銘柄が今までと同じように
復活するわけではありません。
なぜ上がっているのかと首を傾げたくなる
銘柄の多くが終わりになるかもしれません。
今回の急落を機に冷静になれば、とても
怖くて買えない銘柄がたくさんあるからです。
当面は“根拠のある銘柄の押し目買い”と
いうシンプルな投資戦略でよいと思います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨。
当社では、根拠ある推奨銘柄を基本に銘柄選びを行っています!
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
成功報酬は、10,000円です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース