☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近、
「えっ!今日の日経平均はこんなに高かったの?
と違和感を覚えることが結構あるのではない
でしょうか。
昨5月31日も個別銘柄の動きを見る限り、
日経平均185円高とはとても感じられません
でした。
実際、TOPIX(東証株価指数)は変わらずで
終わっています。
種を明かせば、日経平均への寄与率が抜群に
大きいファーストリテイリング(9983)
5%強の大幅高となったからです。

一部の超値嵩株の動きに簡単に振り回される
日経平均はそもそも欠陥指標なのです。
この欠陥部分に目をつけた一部の外国人投資家が
この指標をおもちゃにしているのです。
従って、相場の実体を正確に把握するには
TOPIXの方が断然適した指標と言えます。
ただ、日本経済新聞は仕方がないにしろ、
天下のNHKまでが日経平均一辺倒な現状では
個人投資家がTOPIXに馴染むことは簡単でない
と思います。

そこで、相場の動きを正確に把握するために、
いくつかの主要銘柄の動きを継続的に追って
みたらいかがでしょうか。
例えば、輸出関連ならばトヨタ自動車(7203)
銀行ならば三井住友FG(8316)
不動産ならば三菱地所(8802)という具合です。
日経平均の直近高値は5月23日ですが、
三菱地所の高値は4月初めとかなり前であり、
5月23日時点では既に20%以上も下落して
います。
要するに主要銘柄といえども、常に日経平均に
連動しているわけではないのです。

そして、一般的には先に調整に入った銘柄
から出直ってきますので、いち早く調整に
入った三菱地所の動きに注目しています。
ただ、かなり下落したとは言え、PERは未だ
60倍と超割高ですので、業績相場の色彩が
強くなる中、この銘柄が完全復活するのか、
大変興味深く見ています。
このように日経平均の動きに惑わされず、
指標的な銘柄の動きをウォッチングすることで
相場の流れがよく把握できるはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト