☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ここに来て、米国の金融緩和縮小
最大の関心事になっています。
しかし、米国の景気指標が悪ければ
株価が上がるという状態は投資家に
とってわかりにくいのではないので
しょうか。

現在、日米欧の金融緩和により、
世界的に資金は潤沢な状況にあります。
これらの資金が株式市場に流入しており、
最近の株高を演出しています。
いわゆる、“金融相場”です。
金融相場では景気も企業業績もあまり
関係ありません。
景気回復の目途が見えない欧州市場さえ
上昇しているのはその典型的な例です。

しかし、景気が良くなれば、いつまでも
金融緩和を続けているわけにはいきません。
インフレが心配になってくるからです。
従って、景気回復が確かなものになれば、
徐々に金融引き締めに動き出すことに
なります。
この動きが顕著になれば、金融相場は
転機を迎えることになります。

しかし、これで相場がおしまいになって
しまうわけではありません。
景気や企業業績が良くなるわけです
から、次は“業績相場”に移っていく
ことになります。
ただ、金融相場から業績相場への移行は
必ずしもスムーズにいくことばかりでは]
ありません。
今、市場が最も懸念している点です。

世界中の資金が縮小すれば、自ずと
投資効率の悪い資金が引き上げられる
ことになります。
景気が鈍化している新興国などが真っ先
にその対象になるかもしれませんし、
世界中の株式市場への影響も避けられない
でしょう。
しかし、この程度のことはFRB
(米連邦準備制度理事会)は百も承知です。

もし、FRBが金融緩和縮小をやることに
なっても、市場の影響を最低限に抑える
べく、2~3年かけて慎重にやるはずです。
そして、今から金融緩和縮小で騒がれる
ことは、決して悪いことではないと
思います。
なぜならば、徐々に市場に織り込まれて
いくことになるからです。
本当に怖いのは、
市場が予想していない悪材料
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
<信用空売り型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_short.htm
<信用空売り型>Q&Aはこちら
http://value-search.co.jp/Q&A2.htm#question4
2013年の当社の最新空売り銘柄実績、
「下落率のパフォーマンス」
はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト