さて、割安指標の具体的な活用方法の話に入る前に、
「割安株」が
どの程度有効であったのか
を確認しておきましょう。
ここでは、割安株のパフォーマンスを示す代表的な指標である
「ラッセル・野村日本株インデックス」
の数字を用いて、
「割安株」株式市場全体(全銘柄)
のパフォーマンスを比較してみることにします。

過去25年間(1980年から2004年まで)の年度別の
パフォーマンスをみると、以下のような特徴がありました。

1.過去25年間のうち、「割安株」が株式市場全体より
収益率が上回った年は20年間である。
 
2.過去25年間で「割安株」は6.2倍、市場全体は3.1倍で
あり、まさに2倍の投資成果になっている。

3.25年間のうち、株式市場全体が上昇したのは16年間。
そのうち12年間は「割安株」の収益率が株式市場全体を
上回った

4.25年間のうち、株式市場全体が下落したのは9年間。
うち「割安株」の収益率が市場全体を下回ったのは1年間のみ
である。

5.「割安株」が市場全体を下回ったのは、82~83年度と
97~99年度の2期間5年間のみである。
2期間の相場の特徴は、82~83年度は前半は超小型ハイテク
関連株相場、後半は機関投資家による銀行株相場であった。
97~99年度は一口に言ってITバブル期であり、
インターネット関連銘柄のみが極端に物色された、
いわゆる2極相場の期間であった。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
結論から言うと、
「割安株」は
スーパーマンではありません
しかし、多くの期間で株式市場全体の収益率を上回り、
なかでも重要なことは相場全体の
下落局面で大きな痛手を回避してきた
という事実です。
ただ、ITバブル期のように物色の流れが1つのテーマ等に
偏った場合は、「割安株」は市場と比較して劣後する傾向に
あったと言えます。
その理由は景気や金利の動向にあると思われますが、
あまり過去を振り返っても意味がありませんので、
当面の相場における割安指標の使い方の中でお話しして
いきたいと思っています。

それでは、また来週!

■当社ソフト「銘柄発掘ナビ」では毎月1日に
当社の明確な投資戦略20程度の推奨銘柄
を掲載します。お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission.htm

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
(殿堂入りしました)
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク