FC2ブログ

甘かったキヤノンの業績見通し!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

注目の参院選が予想どおり与党の圧勝で終わり、
市場の関心は一気に企業業績に移っていきました。
ところが、その一番バッターのキヤノン(7751)
大きく期待を裏切り、市場の雰囲気は一転して
暗いものになってしまいました。
“キヤノン・ショック”です。
しかし、同社の下方修正については予想自体に
問題ありと言わざるを得ません。

12月決算の同社は今年1月末の段階で、
今期(2013年12月期)の経常益予想を
4,000億円(16.8%増)としましたが、
3ヶ月後の4月25日に4,000億円から4,500億円
まで上方修正したのです。
その根拠は、“オフィス複合機の需要は世界景気
の回復を背景に回復基調、一眼レフなどレンズ
交換式デジカメの需要は新興国に加えて先進国
でも拡大する見通し、またインクジェット
プリンターの需要は先進国の落ち込みを新興国
でカバーする見込み”ということでした。

しかし、この時点で大いに違和感がありました。
なぜならば、第1四半期の経常益が前期比35%減
と大変厳しい内容だったにも拘らず、今後の
販売見通しがあまりにも楽観的だったからです。
そして、心配したとおり、7月24日の中間決算
発表時に一転して経常益予想を4,500億円から
3,900億円に下方修正したのです。
その主な要因は、中国でコンパクトデジカメが
想定以上に苦戦、頼みのレンズ交換式デジカメも
期待以下だったということです。

決算発表の席上、同社の役員氏は
「欧州や中国の景気は想定以上に冷え込んでいる」、
わずか3ヶ月後に上方修正から下方修正に転じた
ことについて、
「それだけ経営環境が流動的だ」
と言い訳したそうです。
しかし、前述した経緯を見れば、単に同社の
予想が甘かったというだけのことだと思います。
従って、キヤノンの下方修正を見て、
他の企業も同様に厳しい内容になると
決めつける必要もないでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
<信用空売り型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_short.htm
<信用空売り型>Q&Aはこちら
http://value-search.co.jp/Q&A2.htm#question4
2013年の当社の最新空売り銘柄実績、
「下落率のパフォーマンス」
はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース