☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

なぜ東京電力(9501)やシャープ(6753)
の株価が実体以上に買われているのでしょうか?
答えは信用売り残が大量にあるからです。
一方で、なぜメガバンクの株価は上がらない
のでしょうか?
答えは信用買い残が大量にあるからです。
無論、信用残高の状況が株価を決める全ての
要因ではありませんが、現在のように
市場エネルギーが弱い相場では、大きな要因
になっているのは否めないでしょう。

信用取り組み面をチェックするにあたり、
一般的には信用倍率(=信用買い残÷信用売り残)
が用いられます。
無論、これは間違いではありませんが、
気をつけるべき点もあります。

たとえば同じ条件の2銘柄があると仮定します。
両銘柄とも1日の売買高を100万株とします。
A銘柄の場合は、売り残高が10万株、
買い残高が500万株としますと、
信用倍率は“50倍”になります。
B銘柄の場合は、売り残高が1,000万株、
買い残高が5,000万株としますと、
信用倍率は“5倍”です。
ここで、単純に信用倍率が低いB銘柄の株価
の方が先行き期待できると言えるでしょうか。

答えはノーです。
1日の売買高が100万株程度では、買い残高
5,000万株をこなして上昇するのはかなり
難しいということです。
信用倍率が高くとも、買い残高500万株と
少ないA銘柄の方が期待できると言えます。
要するに、信用倍率と将来の売り要因である
絶対株数の両方を見て判断すべきということです。
ただ、売買高が増えてくれば、絶対株数が
多くともあまり気にすることはないと言えます。

活況相場時にはあまり注目する必要がなかった
のですが、現在のような時期は、信用取り組み面
のチェック
も大事だということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨。
当社では、銘柄選択の際には、信用取り組み面のチェック
も欠かしません。
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
成功報酬は、10,000円です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
「投資助言サービス」<成功報酬型>とは?
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク