☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

自社の株式が市場でおもちゃにされる
のが嫌だったのでしょうか?
それとも、今流で言えば、単なる
“KY(空気が読めない)”ということ
なのでしょうか?
その御仁とは大成建設(1801)の山内社長
です。
2020年オリンピックの東京開催が決定し、
今週はゼネコンなどオリンピック関連銘柄
大いに賑わいましたが、その主役はかつて
国立競技場を施工した大成建設(1801)
でした。

ところが、投資家の期待を一身に集めていた
矢先、当の山内社長が、
「オリンピックの関連工事が本格化する
16年3月期以降の連結売上高は1兆5,000円
程度と今期見通し(1兆3,900億円)比で
1割以上増やす」(日本経済新聞)と
いう方針を示したのです。
このようなタイミングで、しかもトップが
極めて注目度が高い話題に触れること自体が
大変めずらしいことなのです。
画期的なタイムリーディスクロージャー
いうことでしょうか。

しかし、肝心の社長の話は、上記のように
“2年後の売上を10%以上増やす”
という何とも迫力不足の内容でした。
東京オリンピックの開催決定以降、同社株は
既に30%近く上昇していただけに、投資家の
期待感に水を差したことは否めないでしょう。

株式市場では会社の成長性がベールに包まれ
ているから人気になることがよくあります。
漠然とした期待に尾ひれがついて段々と
夢のような話になっていくのが株式市場です。
ところが大成建設のようにあからさまに数字を
示されると夢は一気に現実に引き戻されます。

ただ、このことで大量の空売りでも誘い込めば、
また相場になる可能性はあります。
株価はファンダメンタルズだけなく、需給や人気
でも動きます。
そういう意味で、今後の大成建設に注目して
います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
需給面や人気面を考慮して銘柄選択をしています。
買い銘柄は約3ヶ月先の十分な株価の上昇、
空売り銘柄は約1~2ヶ月先の下落を見据えています。
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク