FC2ブログ

相場に水を差した御仁とは??

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

自社の株式が市場でおもちゃにされる
のが嫌だったのでしょうか?
それとも、今流で言えば、単なる
“KY(空気が読めない)”ということ
なのでしょうか?
その御仁とは大成建設(1801)の山内社長
です。
2020年オリンピックの東京開催が決定し、
今週はゼネコンなどオリンピック関連銘柄
大いに賑わいましたが、その主役はかつて
国立競技場を施工した大成建設(1801)
でした。

ところが、投資家の期待を一身に集めていた
矢先、当の山内社長が、
「オリンピックの関連工事が本格化する
16年3月期以降の連結売上高は1兆5,000円
程度と今期見通し(1兆3,900億円)比で
1割以上増やす」(日本経済新聞)と
いう方針を示したのです。
このようなタイミングで、しかもトップが
極めて注目度が高い話題に触れること自体が
大変めずらしいことなのです。
画期的なタイムリーディスクロージャー
いうことでしょうか。

しかし、肝心の社長の話は、上記のように
“2年後の売上を10%以上増やす”
という何とも迫力不足の内容でした。
東京オリンピックの開催決定以降、同社株は
既に30%近く上昇していただけに、投資家の
期待感に水を差したことは否めないでしょう。

株式市場では会社の成長性がベールに包まれ
ているから人気になることがよくあります。
漠然とした期待に尾ひれがついて段々と
夢のような話になっていくのが株式市場です。
ところが大成建設のようにあからさまに数字を
示されると夢は一気に現実に引き戻されます。

ただ、このことで大量の空売りでも誘い込めば、
また相場になる可能性はあります。
株価はファンダメンタルズだけなく、需給や人気
でも動きます。
そういう意味で、今後の大成建設に注目して
います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
需給面や人気面を考慮して銘柄選択をしています。
買い銘柄は約3ヶ月先の十分な株価の上昇、
空売り銘柄は約1~2ヶ月先の下落を見据えています。
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース