☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

三菱ガス化学(4182)、三井金属(5706)、
新電元工業(6844)。
これらは直近で今年の高値を取ってきた銘柄
ですが、何らかの共通点があります。

専門家の年末高予想は今や年中行事のような
ものですが、今年は世界景気の底打ちを背景に、
かなり現実味を帯びてきています。
このような中での銘柄選びは、業績重視が
効率的だと思いますが、具体的なやり方の
ひとつが会社予想の進捗率をチェックする
ことです。

現時点での開示は第1四半期までですので、
進捗率25%が基準になります。
ただ、25%以上だから良くて、25%以下
だから悪いということではありません。
ゼネコンなど公共事業の比率が高い企業は
第4四半期に利益計上される比率が圧倒的
に高く、これほど極端でなくとも、多くの
企業は上期よりも下期の比率が高くなって
います。
そこで、現時点では、通期予想の進捗率よりも
中間予想の進捗率”で見た方がより実体を
捉えやすいと思います。

例えば、住友化学(4005)の場合は、
今期の経常益予想は上期250億円、下期650億円
ですが、既に第1四半期で254億円を計上して
います。
従って、通期ベースの進捗率は28.2%ですが、
中間ベースでは101.6%になります。
50%が基準ですから、かなり高い進捗率と
言えます。

年末新高値の可能性が一段と高くなった現在、
仕込みのタイミングついては、流行の
コマーシャル風に言えば、
「いつやるか?今でしょ!」ということに
なります。
しかし、肝心の中間業績の開示は10月末から
11月初旬まで待たなければなりません。
従って、現在ある第1四半期の業績データ
最大限活用することが大事だと思います。

因みに、冒頭の3銘柄の共通点は中間予想に
対する進捗率
が圧倒的に高いということです。
三菱ガス化学82.8%、三井金属84.7%、
新電元工業に至っては228.6%です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクをヘッジしたい投資家の方に!
バリューサーチ独自の株式ロングショート戦略!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト