FC2ブログ

☆第12回 投資講座のテーマ ~時代によって評価される人材も違う!~

これまでに複数の割安指標の有効性についてお話
しましたが、今回からは
複数の割安指標をどのように活用するのか
というお話しです。

まず問題になるのは、複数の割安指標の
どれを重視したらよいのか、
それとも
どの指標も均等に扱えばよいのか
ということです。
結論から言えば、
その時々によって
各指標の有効性や重要性が変化
しますので、
各指標へのウェイト付け
が必要になってきます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
ウェイト付けといわれてもピンと来ないと思いますので、
当社の8指標へのウェイト付け
がどのように変化しているかを見てみましょう。
今回の上昇相場(※2005年11月現在)の起点である
2003年4月(日経平均7600円程)から直近までの実際例です。
各指標の
前の数字が2003年3月時点、後の数字が2005年10月末
のウェイトです。
   
   1.PER:5%→20%
   2.経常利益/株価:5%→20%
   3.純営業利益/株価:25%→15%
   4.PCFR:5%→10%
   5.PBR :25%→10%
   6.配当利回り:25%→10% 
   7.短期逆張り(3ヶ月) :5%→10%
   8.長期逆張り(36ヶ月):5%→5%

ウェイト付けの大きさを見れば、各指標がどの程度の重き
を置いているかが一目でわかります。
この2時点での特徴的なことは、以下の2点と言えます。

2003年3月時点では
PBR配当利回りは各々25%、合計50%のウェイト
でしたが、
直近では、その2指標で合計20%です。
その理由は
2003年3月時点においては、
将来の企業業績や収益性についてやや不透明であったものの、
企業の倒産リスクは大きく後退したことから、
企業の解散価値をベースしたPBRに着目すべき
と判断しました。
また、本格的な景気回復にはまだしばらく時間がかかり、
市場金利の上昇も緩慢になると判断し、
株式配当利回りの相対的な魅力度
に注目いたしました。

直近においては、
PERや経常利益回り、純営業利益対株価、PCFRといった
利益系の割安指標の合計が65%にもなっております。
その理由は、
景気や企業業績により堅調な推移が見込める環境になって
きたため、
利益系の割安指標に重きをおくべき
と判断しているためです。

このように
景気や企業業績、金利水準、会計制度の改定、投資家動向
などを踏まえて、
各指標へのウェイト付けを変えて
いるのです。
次回はこれに関連して、PERとPBRの使い分けについて
説明いたします。

それでは、また来週!

⇒つづきます ☆第13回 投資講座のテーマ ~今、小金持ちより稼げる男がモテる!~



バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://value-search.co.jp/education.htm


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース