☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

小泉元首相の原発即廃止論が話題になって
います。
今の原発は“トイレのないマンション”との
主張はなかなか言い得て妙です。
政治は一気に理想とはいかないのでしょうが、
常に理想を求めるべきものだと思います。
それはさて置き、安倍首相殿、あまり東電を
甘やかしているとそのうち貴方が足を引っ張られる
ことになると申し上げて置きましょう。

ところで、前回のメルマガで、
“市場予想が株価に大きな影響を与えるのは
しばらくの間だけ、ほとぼりが冷めれば、
客観的な評価がなされる”
と述べました。
まさに今週の上昇相場の中では、市場予想云々
などの話しは聞かれなくなりました。
ただ、個別銘柄を見れば、無秩序に買われたり、
売られたりしているわけではなく、業績による
二極化
がシビアに進んでいます。

しかも、今週のように好業績銘柄が急上昇する
と今後の銘柄選びが意外と難しいのです。
やはり、ここは基本に返って、好業績の割安株
を狙うのがよいでしょう。
これからは、最近の成長株相場の中であまり
意識されなかった“PER”が徐々に重視される
ようになると思われます。

大幅上方修正したセイコーエプソン(6724)
はPER12.2倍、ミネベア(6479)は15.5倍まで
買われています。
妥当なPERは成長性によって銘柄毎に異なるべき
ものですが、それでも東証1部の平均PER16倍
意識されているように見えます。

従って、平均PERよりも遥かに割安な好業績株
は狙い目ということになります。
例えば、新電元工業(6844)は当初予想を
大幅上方修正(通期経常益42億円→103億円)、
予想PERはなんと8.6倍です。
しかも会社予想はまだ保守的、更なる上方修正
余地もありそうです。
株価は624円(11/15)、注目してみては
いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
PERなど当社独自の8つの割安指標から、
堅実な銘柄選びを心がけております。
買い銘柄は約3ヶ月先の十分な株価の上昇
空売り銘柄は約1~2ヶ月先の下落を見据えています。
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト