☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

12日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が
ミクシィ(2121)の目標株価を930円から
8,900円に引き上げました。
目標株価の上げ方には呆れましたが、それ以上
に問題なのは、同社株が10日に高値9,060円を
付けた後、11日、12日と連日ストップ安、
その中で目標株価8,900円を提示したことです。
何か裏があるのではと勘繰られてもしかたない
タイミングでしたが、この手のアナリストに
市場が支配されているのはとても残念です。

ところで、最近気になることがあります。
それは公募増資転換社債の発行が急増して
いることです。
無論、それ自体が悪いわけではありませんが、
ただ、1株利益の希薄化から発表と同時に
株価が急落するのは株主としてはたまりません。
幹事証券の引受手数料の獲得競争の賜物か、
さして資金ニーズもないのに増資に踏み切る
企業も見られます。

決断するからには、成長戦略と具体的な資金
の使い道、そして株主還元策などを明示して、
株主に“ごもっとも”と言わせるほどにやって
もらいたいものです。
しかし、現実はそう甘くなく、投資家はまさに
地雷を踏むのを避けるがごとく銘柄選びを
しなければなりません。
どうしても、増資銘柄を避けたいならば、
以下の点に注意したらいかがでしょうか。

まず、会社のポリシーを知ることです。
発行済み株数を安易に増やすことは株主の利益
にはならないという明確な考え方を持っている
かがポイントです。
例えば、資金調達の手段として増資ではなく、
普通社債を発行している企業などは心配ない
でしょう。
また、財務内容が良好で流動性資金が十分ある
企業も問題ないです。
これらの条件を満たしているところは自社株買い
に積極的な企業も多く、このような企業は増資
をやる可能性はほとんどないでしょう。

因みに、金融庁は公募増資規制を緩和し、
機動的な価格決定方法を導入する意向とのこと、
是非、迅速に実行してもらいたいものです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 方向感の定まらない相場のリスクヘッジに!
個別株式のロングショート戦略!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト