☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

まだ初心者の部類に入る旧知のA氏から
電話がありました。
A氏「今年はバイオ関連株で大損したので、
その損を取り戻そうと最近ネット関連株
買ったのだけど、また高値掴みになって
しまった。私は株式に向いていないので
しょうか?」
という相談でした。
「株式に向いているのかどうかの前に、
あなたは投資をやりたいのですか?
それとも投機をやりたいのですか?」。
A氏「・・・・・・・???」。

「投機」とは目先の株価の動きだけ
捉えて売買することです。
色々材料が言われますが、ほとんどが
根拠のない後講釈です。
従って、株価の動き次第で迅速に対応する
ことが求められます。
損切りを余儀なくされることも多く、
自ずと短期の売買になります。
一方で、「投資」とは業績や割安度、成長性
など根拠ある材料で株を買うことです。
従って、成果が出るまで時間がかかる
こともありますが、多少株価が下がっても
あわてずに構えていられます。

ただ、決して投機が悪いわけではありません。
そもそも市場は大量の投機資金が流入して
いることで成り立っているものです。
問題なのは「投資」か「投機」かの区別もなく、
ただ闇雲に貴重なお金を注ぎこむことです。

A氏に対して、
「もし投機をやりたいならば、場中は相場の
前から離れてはいけません。仕事の合間に
スマホを除き込む程度では駄目ですよ。
今の仕事を止めてデイトレーダーになるしか
ないでしょう。」
A氏は少しムッとして、
「仕事が止められるわけはないでしょう!」
ごもっとも。
「それならば、投資の基本ぐらい学んだら
いかがですか。」

一部の才能あるデイトレーダーを除けば、
「1日1回しか相場を見られない投資家」の
パフォーマンスがデイトレーダーより劣る
とは決して言い切れないはずです。
投資の成果とは最短でも1年間ぐらいの期間
で捉えるべきものだからです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問は、
「自ら考え、判断する投資家」を対象に、
ファンダメンタルズ中心の分析により、投資家が
投資行動に踏み切れる「根拠ある」銘柄を推奨します!
これだけ学べば初心者でもOK!
「割安株を探そう」10分間投資講座

「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
推奨から3ヶ月経過後の全パフォーマンス(上昇率)はこちら↓
http://value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク