☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年最初の1週間は5週間ぶりの下落で
始まりました。
今年はそんなに簡単な年ではないと思わせる
年初でもありました。
相場の基調は決して弱くはありませんが、
銘柄選びは難しい年になるということで
しょうか。

ところで、昨年11月に、
「なぜ、トヨタ株は上がらないのか?」
というタイトルの原稿を書いたところ多数の
投資家のアクセスをいただきました。
トヨタ自動車(7203)は昨年の5月に高値
6,760円をつけ、その後は調整、現在は高値
から約7%下落した水準にあります。
今さらながら、同社の多くの株主のイライラ
を見る思いでした。

ただ、トヨタ自動車を買っている投資家が
同銘柄に見切りをつけて、新興市場の
マネーゲームに参加するわけでもないでしょう。
なぜならば、彼らは堅実な運用を基本として
いるからです。
それならば、どうすればよいか?
その答えは、
今年は“東証1部の小型株を狙え”です。

昨年1年間の東証1部の規模別騰落率を
見てみると、
大型株+51.7%、
中型株+52.8%、
小型株+45.1%
と、大型株と中型株に比べて、
小型株の出遅れ感が顕著でした。
主力株と新興市場株の狭間にあって肩身が
狭かったという感じです。
ただ、東証1部の小型株に決して魅力がない
わけではなく、むしろ魅力的な銘柄が
ゴロゴロしています。

改めて言うまでもなく、パフォーマンスとは
リスクとリターンの関係を言います。
大きなリターンがあっても同じぐらい大きな
リスクがあれば、パフォーマンスが良いとは
言いません。
反対にトヨタ株のようにリスクが小さくても
リターンがないのも駄目です。
東証1部の小型株には、リスクに比べて
より大きなリターンが期待できる銘柄が多いと
見ています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、上昇期待株を「ズバリ!2銘柄」配信!
オンライン証券でご自由に売買したい
自立志向型の個人投資家に最適なサービスです!
売却タイミングなど関するご質問・ご相談はメール(FAX)で常時受付中!
2013年の推奨銘柄の全パフォーマンス&サービス料金↓
http://www.value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク