FC2ブログ

今年は“????”を狙え!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年最初の1週間は5週間ぶりの下落で
始まりました。
今年はそんなに簡単な年ではないと思わせる
年初でもありました。
相場の基調は決して弱くはありませんが、
銘柄選びは難しい年になるということで
しょうか。

ところで、昨年11月に、
「なぜ、トヨタ株は上がらないのか?」
というタイトルの原稿を書いたところ多数の
投資家のアクセスをいただきました。
トヨタ自動車(7203)は昨年の5月に高値
6,760円をつけ、その後は調整、現在は高値
から約7%下落した水準にあります。
今さらながら、同社の多くの株主のイライラ
を見る思いでした。

ただ、トヨタ自動車を買っている投資家が
同銘柄に見切りをつけて、新興市場の
マネーゲームに参加するわけでもないでしょう。
なぜならば、彼らは堅実な運用を基本として
いるからです。
それならば、どうすればよいか?
その答えは、
今年は“東証1部の小型株を狙え”です。

昨年1年間の東証1部の規模別騰落率を
見てみると、
大型株+51.7%、
中型株+52.8%、
小型株+45.1%
と、大型株と中型株に比べて、
小型株の出遅れ感が顕著でした。
主力株と新興市場株の狭間にあって肩身が
狭かったという感じです。
ただ、東証1部の小型株に決して魅力がない
わけではなく、むしろ魅力的な銘柄が
ゴロゴロしています。

改めて言うまでもなく、パフォーマンスとは
リスクとリターンの関係を言います。
大きなリターンがあっても同じぐらい大きな
リスクがあれば、パフォーマンスが良いとは
言いません。
反対にトヨタ株のようにリスクが小さくても
リターンがないのも駄目です。
東証1部の小型株には、リスクに比べて
より大きなリターンが期待できる銘柄が多いと
見ています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、上昇期待株を「ズバリ!2銘柄」配信!
オンライン証券でご自由に売買したい
自立志向型の個人投資家に最適なサービスです!
売却タイミングなど関するご質問・ご相談はメール(FAX)で常時受付中!
2013年の推奨銘柄の全パフォーマンス&サービス料金↓
http://www.value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース