FC2ブログ

消費増税は心配に及ばず!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

まもなく消費税が8%に引き上げられますが、
4月以降の相場について心配している投資家が
多いようです。
ただ、結論から言えば、消費増税は心配に及ばず
ということだと思います。その理由は以下の
とおりです。

1.消費増税によって、今年4-6月期のGDPは
一時的に落ち込むことが既に想定されており、
従って、消費増税の影響は市場にかなり
織り込まれている。
相場には先見性があり、年初からの相場下落の
ひとつの要因に消費増税への懸念があったと
思われる。

2.日銀の基本的なスタンスは、わが国の景気
を改善させるまで、出来ることは何でもする
ということである。
従って、消費増税によって景気に下振れの
可能性が高まった場合は、日銀が速やかに
追加の金融緩和策を実施する可能性が高い。

3.外国人投資家や国内機関投資家の中には、
消費増税後の日本経済の状況を見極めたいと
考えている向きもあり、一部で買い控えの動き
もある。
ただ、彼らは消費増税の影響が軽微と判断
すれば、一転して買いに回ってくるはずである。

4.そもそも4月以降、個人消費が大きく
落ち込むことははないと見ている。
例えば、住宅が売れなければ、当然価格を
下げてくるはずであり、そういう意味では
消費増税後の方が狙い目と見ている向きも多い。
また、高額品については消費税云々よりも
株価の動向の方が遥かに大きな要因である。

などなどです。
実際、主要上場企業へのアンケート結果を
みても、4-6月は消費増税を減収要因と
見ている企業が63%ですが、12月にかけて
影響が残るとの回答は20%に過ぎず、消費増税
影響は一時的であるとの見方です(日本経済新聞)。

但し、そうかと言って、もし来年10%に
再引き上げを行うことになれば、今回と違って、
その時は相場への影響は穏やかではないと
見ています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 株価に方向感のない相場のリスクヘッジに!
株式個別銘柄のロングショート戦略!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース