FC2ブログ

疑惑のジャパンディスプレイ上場!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ひどい新規公開があったものです。
3月19日に新規上場したジャパンディスプレイ(6740)
です。
公開価格は900円、初値は769円、その後の高値は836円、
直近で631円、別に株価が公開価格を下回っていることを
とやかく言うつもりはありません。
すっきりしないのは別のことです。

同社は上場日の3月19日に2014年3月期の業績予想を
発表、それからまもなくの4月28日に経常益を
14.6%下方修正したのです。
百歩譲って下方修正は容認するとしても、問題は
その理由です。
それが、
「価格交渉が難航してキャンセルになった」
ということなのです。
要するに価格交渉が成立して
いない分も見込みで入れていたという話です。
「作為的に水増ししておいたのでは」
と疑われても仕方がないでしょう。

この件で主幹事の野村証券東証に問い合わせて
みました。
「あまり好ましくないディスクロージャーだった」
という返答を予想していたのですが、
野村は
「主幹事証券としてコメントする立場にない」、
東証は
「規則に違反していなければ問題ない」
とつれない態度でした。

もうひとつはレーティングです。
4月21日から24日の間に証券5社が揃って
最上級の格付けを付与、目標株価を
1,000円~1,100円としました。
高値が4月21日ですから、投資家がこれに反応した
のは間違いないでしょう。そして、
気になるのは、そのうちの3社が今回の幹事証券
なのです。
まさか株価を上げるために最上級の格付けをした
わけではないでしょうが、勘繰りたくなるタイミング
でした。
5月15日に今期予想が開示されますが、その内容次第では、
下衆の勘繰りは一転して重大な疑惑になりかねません。

同社の大株主は産業革新機構という実質的な国営企業
あり、今回の売り出しで保有株の一部を売却、744億円の
利益
を得ています。
関係者は国がらみの案件だから何をしてもお咎めはない
と考えているのでしょうか。
本当にお粗末で腹立たしい一席でした。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
東証1部の空売り候補銘柄をご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
当社の全ての空売り銘柄実績、
「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース