FC2ブログ

現在相場は自律調整中!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

相場の世界では自律反発とか、自律反落とか、
自律調整とか、“自律”という言葉がたびたび
登場します。
“自律”を辞書で調べてみると、
「他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で
立てた規範に従って行動すること」
とあります。
自律の反対語が、“他律”であり、
「自らの意志によらず、他からの命令、強制に
よって行動すること」です。

自律反発とは、急速に下げた相場が行き過ぎの
警戒感から“自然に”ある程度戻る現象を言います。
これはボールを地面に落とすと、自らの弾力で
ボールが跳ね返る動きと思えばわかりやすい
でしょう。
反対に自律反落とは、急速に上げた相場が
行き過ぎの警戒感から“自然に”ある程度下がる
現象です。
例えば、人間ならば、昼夜働き続ければ、
体力が衰え、どこかで風邪をひいてしまうような
ものです。
このように相場には、
自律性
が本質的にあるのです。

にも拘らず、相場の上げ下げについて、
何らかの理屈付けをしないと気がすまない人たち
がたくさんいます。
彼らはコメントすることを生業としていますので、
相場の自律性”と一言で片付けるわけにもいかず、
なんだかんだと“他律的”な理屈付けをするのです。
どんな立派なコメントでも所詮は後講釈
ほとんどどうでもよいことなのですが、結構気にする
投資家も多いようです。

今週の日経平均は5日連続安となりましたが、
これはアベノミクスが始まってから初めてのこと
だそうです。
既にポルトガルの大手銀行の経営不安をきっかけに
欧州金融不安の再来懸念という理屈付けがなされて
いますが、少々考え過ぎと言わざるを得ません。
現在の相場については、あまり細かなことは
気にせず、
上昇トレンドの中のひと休み
と単純に考えてみたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
投資する「価値・根拠ある銘柄」を推奨!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら↓
フルサポート型では、コースにない運用金額でもご相談下さい!↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース