FC2ブログ

東京市場はNYと連動しなくなる!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

7月30日に発表された米国の第2四半期GDPは
前期比+4%となり、市場予想の+3%を大きく
上回りました。
米国経済のほぼ7割を占める個人消費は+2.5%
(市場予想は+1.9%)となり、特に自動車や家具
などの耐久財が大きく伸びています。
そして、昨1日の7月米雇用統計は前月比20万人
超となり、市場予想は下回ったとはいえ、これで
20万人を超えるのは6ヶ月連続となりました。

このような中で、FRBの量的緩和縮小が前倒し
となり、利上げ時期が早まるのではないかとの
観測が出始めています。
イエレン議長は
“インフレ対応よりも完全雇用”
という基本方針に固執し、ゼロ金利の長期化を
示唆していますが、市場はどんどん先読みして
いきます。
今後のNY市場は景気拡大と利上げとの狭間で
強弱対立する動きが想定され、史上最高値の
水準にあるだけに、場合によっては波乱の場面
もあるかもしれません。

そうなれば、東京市場への影響は避けられない
と考えるでしょう。東京市場の動きはほとんど
前日のNY市場に大きな影響を受けているから
です。
しかし、これからは東京市場とNY市場の連動性
は徐々に薄れ
てくると見ています。

その理由の第1は、過去20年を見ると、米国の
金利上昇
局面において日本株は大変強い動き
だったということです(JPモルガン社データ)。
円安・ドル高がひとつの要因だったかもしれま
せん。
第2の理由は日本企業の好調な企業業績です。
消費増税の影響が懸念されたものの、ここまで
の印象は予想以上に良好であり、最終的に
株価を決めるのは企業業績だからです。
そして、第3の理由は日本株の出遅れ感です。

以上の理由により、今後の東京市場はNY市場
にあまり影響されず、独自の動きになって来る
と見ています。
東京市場イコールNY市場という発想は改めた方
がよいかもしれません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
当社独自の割安度から、また需給やテクニカルにも配慮して、
今買いの株「ズバリ!2銘柄」を毎週月曜に配信!
サービスはメールまたはFAXでご提供いたします。
良心的な投資顧問料で、個人投資家の株式投資をサポート!
<銘柄紹介型>2014年の全銘柄実績・上昇率パフォーマンス
http://value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース