FC2ブログ

押し目待ちに押し目なし!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨19日、日経平均は昨年の水準を抜いて、
6年10ヶ月ぶりに高値を付けました。
ただ、一部専門家の弱気論の影響なのか、
未だ静観の個人投資家も多いようです。
しかし、ここから年末までが今年最大のチャンス
と見ています。
その根拠は、まず第1に、企業業績の上方修正期待
であり、この点は前回のメルマガで述べたとおりです。

第2に、バリュエーション面(割安度)です。
現在の予想PERは16.5倍(東証1部平均)であり、
弱気論で言えば、今の水準は割高ではないが、
決して割安でもないということでしょう。
しかし、日経平均が高値18,215円を付けた
2007年2月当時のPERは22.4倍だったのです。
この時は企業業績の上方修正期待を先取りして、
ここまで買われました。
上方修正期待が大きい現在、16.5倍はまだまだ
出遅れていると言えます。

第3にテクニカル面です。
最も信頼性が高い騰落レシオ(25日移動平均)に
注目していますが、昨19日現在で119%であり、
過熱感はほとんどありません。
今年6月には164%まで付けていますが、この前後
まで上昇しても特段問題はないでしょう。

そして、第4に、市場エネルギーが拡大し始めて
いることです。
今週に入り、16日、18日、19日と適正規模と
言われる2兆円を上回りました。
特に、昨19日は2兆7,497億円まで膨らんでいます。
市場エネルギーが拡大することは、上昇相場には
不可欠なことです。
そして、何よりも重要なことは、
“勢いが付き始めると簡単には止まらない”
ということです。

ということで、ここからは
“押し目待ちに押し目なし”
ここは強気で対処すべきだと思います。
但し、10月半ばから開示が始まる中間業績の
内容次第では、銘柄の選別色が一段と強くなる
と思われますので、その点は念頭に置かれた方
がよいでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
※当社では短期のマネーゲーム目的の銘柄選びは行っておりません。
当社独自の割安度から、また需給やテクニカルにも配慮して、
下値不安が小さく3ヶ月で勝負できる割安株
「ズバリ!2銘柄」を毎週月曜に配信!
サービスはメールまたはFAXでご提供いたします。
良心的な投資顧問料で、個人投資家の株式投資をサポート!
買いタイミングや売却タイミングに不安のある方は、
会員様メールアドレスにていつでもご相談受付中!

<銘柄紹介型>2014年の全銘柄実績・上昇率パフォーマンス
http://value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース