☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

当社では業績に関して当該企業への電話リサーチ
を絶えず行っています。
ただ、決算発表日の1ヵ月前になると、決算情報の
漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、いわゆる
“サイレント(沈黙)期間”となりますので、
この期間に入ると業績に関する質問
は一切受けつけてもらえません。
従って、この時期は業績に直接関係のないことを
色々と質問することにしています。

例えば、
「御社は業績が順調なのに株価は低迷しています
が、会社としてどのように受け止めていますか?」
という質問はよく行います。
すると予想どおり、
「株価は市場が決めるものですので、会社として
コメントする立場にはありません。」
という杓子定規な答えが返ってきます。
会社ができることはしっかり業績を良くすること
だということです。

ただ、最近は杓子定規な答えではなく、業績が
順調でも株価が低迷している要因について、
前向きに分析している企業が増えています。
そして、その多くの答えが、
ROE”と“配当性向”のあり方について
検討しているというものです。

ROEとは、株主が投資した金額で、企業が
どのくらい利益を上げているかを見る指標です。
つまり、ROEが高い企業ほど効率的に
株主資本を活用できていると言えます。
欧米企業は約30%と高いのですが、日本企業は
直近で8%半ばとかなり見劣りがします。
配当性向は純利益のうち、どれだけを配当金の
支払いに充てたかを示す指標ですが、日本企業
の配当性向は20~40%程度が多く、こちらは
欧米企業に徐々に追いつきつつあるというのが
現状です。

周知のように、ROEと配当性向は海外投資家が
特に注目している指標ですが、ここに来て、
国内の機関投資家の注目度が大変高くなって
きています。
好業績で割安な銘柄でも、ROEと配当性向が
見劣りする銘柄は、あまり評価されない時代に
なりつつあるということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式を推奨!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
<フルサポート型>では、コースにない運用金額でもご相談下さい!
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト