☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

14日に国際貨物輸送のエーアイテイー(9381)
今期利益のほぼ全額を株主配分に充てるという
「100%配分」方針を発表しました。
これを受けて、同社の株価は15日、16日と2日連続で
ストップ高水準まで買われました。
年間配当は50円まで増配、これは予想1株利益の
51円とほぼ同額であり、予想配当利回りは5%以上
まで上昇するわけですので買われて当然ということ
でしょう。
ただ、この方針に違和感があるのは否めません。

まさに偶然ですが、同日に日本電産(6594)
永守社長の経営戦略論が掲載されていました
(15日の日本経済新聞)。
大変明確な考え方ですので、以下、ポイントを記載
します。
「100年後も生き残るために事業ポートフォリオを
臨機応変に変えている」、
「捨てる経営も進めている」、
「ただ、ROEを高めるために自社株買いするような
ことは考えていない」。

そして、極めつけは「利益の全額を株主配分に
回す会社もあると聞くが理解に苦しむ。
そんな経営をしていたら会社は伸びない。
手元資金は買収などに使い、そこからお金を生んで
株価を上げて、配当も毎年着実に実行していく」。
まさに正論です。

コーポレートガバナンスが標榜され、株主重視の
経営が強く求められている昨今ですが、
目先の株主利益を優先させることが必ずしも
よいわけではありません。
かつて子供手当という目先の利益で有権者の
人気を取り、あっという間に崩壊した政権政党が
ありました。
企業も同様で、目先的な株主の人気取りよりも
しっかりした戦略で中長期的に株主に報いること
の方が遥かに重要なのです。

因みに、永守社長は投信会社のファンドマネジャー
会議に自ら乗り込み、同社の経営戦略を積極的に
アピールしている方であり、株価意識は半端では
ありません。
株価が万年割安で放置されている会社の経営者は
是非、見習ってもらいたいものです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 類似業種の中から、株価が上がると期待
される銘柄&株価が下がると予想される銘柄をペアで配信!
バリューサーチ投資顧問が考案した個別株式のロングショート戦略!
週1回、類似業種「買いと空売り」のペア株式を1セットご紹介!
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
 

スポンサーサイト

スポンサーリンク