☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

前回は「知っていますか?バブル相場」をテーマに
しましたが、今回はまず、その続きの話しをしましょう。
1980年代のバブル時は、まさに
「株が上がるから買う、買うから上がる」
という時代で、
大量の余剰資金が株と土地に流れ込みました。
機関投資家はどこもかしこもインデックス買いに走り、
事業法人はエクイティファイナンスで調達した
大量の資金を財テクと称して株式市場に投入しました。
個人投資家は、
貸付先に困った銀行から少しばかりの土地、建物を
担保に億単位のお金を貸し付けられ、そんなお金も
当然ながら株式運用に回っていったのです。

やがて、平均PERが70倍となり、高値の理屈付けが
出来なくなると、
「Qレシオ」なる新たな指標を作り出し、
株価の正当性を裏付けることに躍起となってきました。
この成れの果てが、いわゆる
「バブル」
です。
やがてバブルはあえなく崩壊するのですが、当時は、
日本の株式市場の時価総額が米国以上になったため、
バブル崩壊は米国の陰謀という話がまことしやかに
広がりました。
その真偽はともかく、大きく膨れ上がった泡をつぶすのに
針1本あれば十分だったのです。
その後、日経平均は高値から5分の1の水準まで下落して
いくのですが、
その崩壊の痛手はすさまじく、それは、
「日本の失われた10年」
に繋がっていくのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
このような歴史的な流れを踏まえて、前回に引き続き、
現在の株式市場の水準(※2005年12月現在)
について考えてみましょう。
前回、わが国の株式市場を
「益回り(%)」(1株当り利益÷株価×100)
でとらえ、
それと金利(国債利回り)との比較を行うことを
ご紹介しましたが、
更に最近のデータを用い、
米国と比較して
みました。
米国では
現在PERは19倍ですが、益回りは5.3%、国債利回りは4.5%
ですので、
その差は0.8%に過ぎません。
一方、日本では
PERは22倍ですが、益回りは4.5%、国債利回りは1.5%
であり、
その差は3.0%あります。
すなわち、
金利水準を考慮すれば、
日本の方が米国よりも割安な数字
となっているのです。

ここで、強調しておきたいことは、
日本の「益回り」が国債利回りよりも高い
という常識的かつ納得できる水準になったのは、
ここ3年ほどの動きに過ぎず、ようやく
理にかなった分析ができる市場になった
ということです。
日本の株式市場において、最近とみに
外国人投資家の存在が高まっている背景には、
このような客観的な根拠があるのです。

バブルの処理に長時間を要し、
最も厳しい評価を受けてきた日本の株式市場ですが、
ここへきての
本格的な景気回復、企業業績の過去最高益更新
などにより、
来年以降も
外国人投資家
から高い関心が寄せると考えられます。
そして、
市場や個別銘柄を客観的かつ冷静に分析する
個人投資家
の文字通り歴史的な広がりが、
これからの相場の下支えとなるのは間違いないでしょう。

次回は、投資講座の最終回です。
今までの講座をまとめます。必見です。
それでは、また来週!

「銘柄発掘ナビ」の全推奨銘柄のパフォーマンスを公開!
上昇率(リターン)の大きさも大事ですが、
下落率(リスク)が小さいことも同じぐらい重要な要素です。
パフォーマンスはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/jiseki.htm

■貴方は毎月証券会社にいくら手数料を払っていますか?
当社の「銘柄発掘ナビ」の会費は1ヶ月でたったの3,150円です。
お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク