FC2ブログ

増益要因は為替差益だけ?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

企業業績を見る場合、「営業利益」と「経常利益」の
どちらをより重視すべきなのかという質問を
たびたび受けます。
どちらも大事ですが、株式投資という前提でいう
ならば、基本的には経常利益だと思います。
営業利益は「本業の儲けを表す数値」であり、
無論重要ですが、ただ、同額の営業利益を上げて
いても、「営業外損益」の中身次第では経常利益が
大きく変わってきますし、その結果、株主還元の
ベースとなる純利益も変わってくるからです。

営業外損益とは、営業活動以外の企業活動
から生じる収益と費用のことであり、
受取利息や配当金、有価証券売却益などの
「営業外収益」と、支払利息、割引料、社債利息、
有価証券売却損などの「営業外費用」を合算して
算出されます。
いわゆる財務面の良し悪しを示したものです。

例えば無借金会社か、それとも大量の借金会社か
では、営業利益が同じ100億円でも、経常利益は
120億円にも80億円にもなります。
従って、経常利益が株価を決める最も重要な要素と
言えます。
因みに、M&Aのケースで言えば、買収後は買い主の
財務力次第ですので、営業利益をベースに価格が
決まります。

なぜ、本日はこのような話をしたかというと
決算発表も終わり、「為替差益」が営業外収益に
計上されたことで、経常利益が大幅増になった企業
が多数あるからです。
為替差益が無意味ということでは決してありませんが、
既に相場には織り込まれており、市場はむしろ本業が
どのくらい成長したかに注目しています。

従って、今回は経常利益だけでなく、営業利益
大いに注目した方がよいということです。
銘柄によっては、経常利益が大幅増でも
営業利益は横ばいというところもあります。
この場合は、為替差益が寄与した可能性が高い
ということです。
銘柄選びにおいては、このようなことも念頭に
置かれたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
買い推奨2銘柄を毎週明け配信します!
ファンダメンタルズを中心に銘柄選択、
暴落時にも復元力の高い安全銘柄を推奨します!
<銘柄紹介型>2014年の全銘柄実績・上昇率はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース