☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

川崎市で起きた中学1年生の殺害事件は
筆舌に尽くし難い残忍な事件でした。
エセ人権主義者が少年法を守れと騒いで
いますが、彼らの主張がこのような少年事件
を引き起こすひとつの要因になっているという
事実に、今や日本国民は直視すべきだと思い
ます。

ところで、株主や投資家そっちのけで
血みどろの親子ゲンカ、全く見苦しい話です。
大塚家具(8186)です。
ただ、野次馬にとっては、このケンカは
なかなか面白いのです。
高級路線を継続”したい父勝久氏と
カジュアル路線に転換”したい長女久美子氏
の主張が真っ向からぶつかり合っている様は
日本企業の縮図を見ているようだからです。

かつて高級志向の百貨店が地盤沈下する中、
この間隙を縫って、低価格化とブランド戦略
市場を席巻したのはユニクロ(9983)でした。
また、日本のお家芸だった家電メーカーは
なかなか高級路線を捨てきれず、
安かろう悪かろうの中国製品に完敗、その後、
長期低迷期に入ったのはご存知のとおりです。
企業にとって、
高品質・高価格で富裕層や先進国を狙うのか、
低価格戦略で若者や新興国を狙っていくのか
死活をかけたテーマなのです。

百貨店は最近、訪日客の急増という追い風で
息を吹き返してきましたが、家具業界は
訪日客急増の恩恵を受けるとも思えず、また
最近の住宅は造り付け家具も多く、今後
高級家具の市場が拡がるとも思えません。
従って、遅きに失した感がありますが、
長女久美子氏の主張に分があるように
思います。

ただ、人間集団である企業は戦略転換が
簡単にできるわけでもありません。
父勝久氏の記者会見では多数の幹部社員を
背後に並ばせて自身の権力を誇示していました
が、第三者から見ると、戦略転換や若返りで
リストラ対象になりたくないと幹部社員たちが
アピールしているようでした。
いずれにせよ、3月27日の株主総会は要注目
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式銘柄をご紹介!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
<フルサポート型>は、既存のお客様のご契約更新のみ受付中!
新規会員募集は停止中です。
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
スポンサーサイト