☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

大分昔の話ですが、
「ベンチがアホだから」
と首脳陣批判をして物議を醸した阪神の投手
がいました。
今まさに
「経営者がアホだから」
と大きな声を上げる社員が出て来て欲しいもの
です。
他でもないシャープ(6753)です。
経営戦略の失敗を社員のリストラで乗り切ろう
とする姿勢は見苦しいとしか言いようがなく、
まずは経営陣の総入れ替えをしろと
言いたくなります。

ところで、企業統治の強化を動きが拡がる中、
ROEに関する議論が活発です。
大手証券は今期の予想ROE を9.9%(東証1部)
と試算しており、2年前の5%台半ばから
大幅な改善になっています。
企業の資本効率の改善が現在の相場を
引っ張っていると言われる所以です。
そこで、今年急上昇した銘柄のROEを検証
してみました。

J・フロントリテイリング(3086)は5.1%、
三菱伊勢丹HD(3099)は3.8%、
キッコーマン(2801)は6.8%、
キユーピー(2809)は7.8%、
エーザイ(4523)は6.5%、
住友化学(4005)は6.6%という具合です。
ほとんどの急伸銘柄のROEは平均以下
いう意外な結果でした。
一方で、年初から株価が低迷している
ソフトバンク(9984)のROEは25.4%と
大変高いのです。

市場ではROE重視と掛け声は勇ましい
ですが、現在の相場は必ずしもそれが
反映されているわけではありません。
言うまでもなく、ROEには株価の要素は
入っていませんので、株価が上昇したから
悪化したわけではありません。
要するにROE以外の要素で買われたと
いうことです。
ただ、ROEを無視していいかというと
決してそうではないでしょう。

物色の流れが猫の目のように変わるのが
株式市場です。
高ROE銘柄を物色する動きがいつ出て来ても
不思議ではありません。
その際、大事なことは、ROEだけでなく、
PERや増益率などもしっかり見て銘柄を
選ぶということです。
まもなく決算発表が本格化しますが、
PER、増益率、ROEの3つが平均よりも良好
ならば、下値リスクはかなり小さいと言えると
思います。

それでは、また来週!

◆「ROEとは?
バリューサーチ投資顧問の「割安指標用語解説」はこちら
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式銘柄をご紹介!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
スポンサーサイト

スポンサーリンク