FC2ブログ

株価が最も反応する決算とは?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

決算発表がほぼ出尽くしました。
今後は業績内容をどのように評価するのかが
ポイントになります。
まず、今期予想に目を奪われる前に、前期実績が
直近予想とどの程度ブレがあったかをチェックする
必要があります。
なぜならば、過去のこととは言え、直近の数字は
現状を最も表しているからです。

直近の数字が良いということは、引き続き、
今期も好調が持続する可能性が高いということを
意味します。
ただ、発射台が高くなった分、どうしても今期の
会社予想は低い増益率になります。
一方で、直近の数字が思わしくないということは、
今後の業績回復に不安があるということです。
ただ、経営者としては、株主の手前もあり、
減益決算を続けるわけにもいかず、強気の見通し
を出す傾向にあります。

例えば、A社は前期業績を直近予想よりも
大幅に上方修正した結果、発射台が高くなり、
今期の増益率は5%に止まったとします。
B社は前期業績を直近予想よりも大幅に
下方修正した結果、発射台が低くなり、
今期の増益率は20%とします。
増益率だけ見ると、B社の方が遥かに高いの
ですが、実際はA社の方が有望と判断した方
がよいと思います。
無論、個別銘柄ベースでは色々な要素が
ありますので、あくまでも基本的な話です。

ただ、株価が最も反応するのは、
前期を大幅上方修正、今期の増益率も
高い銘柄

です。
具体的には関東電化工業(4047)のような
会社です。
同社は前期業績(経常益ベース)を直近予想
から19.3%上方修正し、かつ発射台が高くなった
にも拘わらず、今期業績も25.7%増と大幅な伸び
になっています。

同社株は週明けから買い物になると思われ、
もはや買い出動しても遅いかも知れませんが、
このような業績内容ならば株価が最も反応する
という好例ですので、動きだけでも見ておかれたら
いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
買い推奨2銘柄を毎週明け配信します!
ファンダメンタルズを中心に銘柄選択、
下値不安が小さく今買いの割安株・バリュー株
を推奨します!
<銘柄紹介型>2015年の最新実績・上昇率はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース