☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

ある村の話です。
そこに住むAさんは友人から多額の借金
しています。
それにもかかわらず、豪華な家族旅行は
止めようともせず、また、子供たちは勤労意欲
が乏しく、家計に協力する気もありません。
お金を貸している人たち(債権者)は、
返済期日を伸ばしてやっているのだから、
お金は返せないまでも、贅沢な生活は改める
べきと言っています。

ところがAさんは、
「甘えるのは止めようと言うと、家族が反発する
ので、家庭を守るために彼らに強く言えない」
と反論しています。
債権者のリーダー格であるBさんは、余裕のある
家庭ですので、
「同じ村民だからあまり事を荒立てないでやって
いこう。あまり強引にやると、Aさんだけでなく、
彼と親しい人たちも村から出ていくかもしれないし、
そうなると困るし・・・。」
と言い続けていました。

ところが、相変わらず反省の態度も見せない
Aさんに対して、最近はBさんの家族も
「いい加減にAさんと付き合うのは止めたら」
と言い出しており、他の債権者たちもさすがに
業を煮やし、これからは毅然とした態度を取る
と同調し始めています。

このような中で、Aさんは家族を説得して
態度を改めるのか、それとも相変わらず、
家族の言いなりなのか?
最近は隣村のプーチン村長のところまで出向き、
助けを乞うている始末です。
こんなAさんですから、いくら話し合っても、
まともな答えが返ってくるかは全くわかりません。

おわかりと思いますが、ある村とはユーロ圏
Aさんとはギリシャ、その家族とはギリシャの
公務員
、Bさんとはドイツです。
ギリシャ国民の4人に1人が公務員であり、
しかも彼らは民間給与の1.5倍もの高給取り、
まさに公務員天国なのです。
また、年金財政が破綻しているのも拘わらず、
年金の給付水準は所得代替率から見ると
日本の倍以上もあるのです。

返済期限が迫るたびに世界の株式市場を
揺るがすギリシャの債務問題、
投資家からすれば、バカバカしいの一言です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式銘柄をご紹介!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて明朗に公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示でフルサポート(6ヶ月/1年)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら



スポンサーサイト