FC2ブログ

外国人の売りが止まらない!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

肝心の中国株は徐々に落ち着きを取り戻しつつ
ある中、東京市場はなかなか底打ち感が見えて
来ません。
その背景は外国人投資家の大量の売りです。
彼らは8月に現物、先物合わせて何と
2兆5,000億円強売り越しました。
これはリーマンショック以降、最大の規模です。
なぜ、彼らはこれほどまで日本株を売るのか?
その理由は、中国の景気減速で日本が最も
影響を受けると考えているからです。

それでは、中国経済の減速が世界経済に
及ばす影響について数字的に見てみましょう。
中国からの輸入については別段輸入国に
悪影響があるわけではありませんので、
貿易額全体で見るよりも輸出比率だけで
見た方が適切だと思います。

各国のGDPに占める中国向け輸出比率
(付加価値ベース)は、新興国では台湾が9%強、
マレーシアが8%強、韓国やタイ、ベトナムが5%
を上回っており、確かにその影響は大きいと
言えます。
ところが、先進国で見ると、日本は2.17%
ドイツは 1.69%、米国、英国、フランス、イタリア、
スペインでは1%未満です。

日本は日中関係の悪化が幸いしたのか、
昨今比率が下がっており、数字だけ見れば、
さほど高くないのです。
ただ、中国と関係が深い新興国の影響を間接的
に受けるということはあると思います。
しかしながら、日経平均は今年高値から既に
15%下落しており、個別銘柄では中国関連の
代表格であるコマツ(6301)やファナック(6954)は
30~35%程度下がっていますので、株価的には
ほぼ織り込まれたと見てよいでしょう。

そして、先物売りはいずれ買い戻されることに
なりますし、またチャート面ではセオリーどおり
二番底を付けたと見れば、この期に及んで、
そんなに悲観することもないでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式銘柄をご紹介!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
~自立志向型の投資家向けサービス~
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
~初心者、多忙な方、または優柔不断な投資家向けサービス~
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(6ヶ月/1年)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース