FC2ブログ

米利上げ、恐るるに足らず!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今週、東京ドームから巨人戦の年間予約席の
セールス電話がありました。
長嶋・王の全盛期を知る世代からすれば
信じられないことです。
年間予約席など絶対に手に入らなかったから
です。
ファン無視のダラダラ試合を続けている現在の
プロ野球、人気凋落の前兆のように感じました。

ところで、市場の関心は中国経済から来週の
FOMCに移っています。
もしここで利上げが決まれば、株価は暴落する
との悲観的な見方がありますが、果たして
そうなるのでしょうか。
結輪から言えば、ほんの一時的なショックはある
かもしれませんが、結果的には悪抜けして
すっきりすると見ています。
その理由はいくつかあります。

まず第1に、FRBが市場との対話をうまくやって
いることです。
彼らはかなり以前から条件さえ整えば、
ゼロ金利政策を解除すると言い続けてきました。
もし今月利上げに踏み切ったとしても誰も驚かない
でしょう。
ということは既に相場に織り込まれていると
いうことです。

第2に、利上げに伴う大量のマネーの動きです。
新興国などから引き揚げられたら大変なことに
なると懸念する向けが多いですが、既に
短期的な資金は中国やアジア新興国からほとんど
国外に逃げています。
長い間、利上げが騒がれている中で、彼らは
そんなにノロマではありません。

第3に、利上げは今回1度で終わるわけでもなく、
長い期間をかけてゆっくりと行われるはずですが、
最初の小幅利上げで大きなマイナスインパクトに
なった例は過去にもほとんどありません。
むしろ、好調な景気面の方が評価されて
株価は上昇している例が多いのです。

今回利上げが見送られたとしても、いずれまた
同じ騒ぎになるでしょう。
いつまでも市場の重荷になっているぐらいなら
米景気の現状をしっかり認識した上で、
毅然と決断してもらいたいものです。
中国経済云々と言ったところで、所詮一朝一夕で
解決する問題でもありませんので・・・。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>で提供されるサービスはこちら
今、買いの推奨2銘柄を毎週明け配信します!
当社独自の割安8指標をフル活用し、
ファンダメンタル分析を中心に銘柄選択!
暴落時でも株価が比較的早く立ち直る、
企業業績のしっかりした安定銘柄

ご紹介します!
<銘柄紹介型>2015年の最新実績・上昇率はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース