☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今年最後のメルマガですので、“あっぱれ!”な話
をしたかったのですが、残念ながら、“喝!”
4題になってしまいました。

21日、東芝(6502)が「構造改革の断行」、
「事業ポートフォリオおよび事業運営体制の見直し」
等を柱とする「新生東芝アクションプラン」を発表
しました。
ただ、その内容は何が何でも名門企業を再建する
というトップの強い意志が感じられず、まさにスタッフ
が書いた作文という印象でした。
トップは記者会見で
「ほとんどの方に早期退職をお願いする」と
しゃあしゃあと発言、年の瀬の寒空の中で社員の
心境やいかばかりか・・・。

その東芝の監査を担当していた新日本監査法人
に対して、金融庁は注意怠慢として3ヶ月間の
新規業務停止と課徴金21億円を科しました。
監査法人と言えば、市場の番人であり、しかも
新日本監査法人は国内最大の事務所です。
そこがこんな状態では第2、第3の東芝が出て来る
のではと疑心暗鬼になってしまいます。
今や、市場が最も注目している
「コーポレートガバナンス改革」に暗雲が垂れ込め
なければよいですが・・・。

24日、国産ジェット旅客機「MRJ」を開発中の
三菱航空機が初号機の納入時期を1年延期すると
発表、納入延期はなんと4回目です。
主翼が必要な強度に達していないなど、何を今さら
と言わざるを得ませんが、ただ、もっと気になるの
が、同社の森本社長の発言です。
意思決定の遅れに関して、
「暗中模索していて実行力が足りない。決断が
求められる時に直ぐにできていないことが
多々ある」と。
技術面以上に深刻なのが三菱重工業(7011)
官僚的な企業体質のように思います。 

最近、首都圏でJR東(9020)の運行遅延が
恒常化しています。
その原因のほとんどが車両や信号などの
不良整備によるものです。
国鉄分割民営化から28年、気の緩みが出て
来る頃なのでしょうか。
訪日観光客の急増や好調な駅ナカビジネス
に浮かれて、肝心の通勤通学客の安全と信頼
を失うようでは本末転倒と言わざるを得ません。

NISAの導入で株初心者が増えているとのこと、
初心者には
「まずは日本の代表的な企業を買え!」
というのが鉄則でしたが、
この鉄則が崩れ出したということでしょうか。

それでは、良いお年を!

年末年始-【1ヶ月分無料】キャンペーン実施中!
2015年12月25日(金)~2016年1月3日(日)に、
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
「投資助言サービス」<信用空売り型>
にご入会(お申込・ご入金)いただいたお客様に限り、
ご契約期間に加え、【1ヶ月分無料】のサービスをご提供いた
します。
クレジットカード決済は2015年1月3日(日)まで、銀行・
郵便局からのご送金の場合はお正月明けの1月4日(月)付
までのご入金がキャンペーン対象となります。

~各キャンペーンについて~
■ <銘柄紹介型>のキャンペーン詳細・お申込はこちら
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 19,800円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 33,000円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 54,000円(税込)

■ <信用空売り型>のキャンペーン詳細・お申込はこちら
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 13,200円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 21,600円(税込)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト