☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

投資家にとって暗い年明けになりました。
大発会から日経平均が5日続落したのは、
1945年5月の東京証券取引所の再開以降
初めてのことだそうです。
しかし冷静に考えてみれば、特段目新しい
悪材料があるわけでもありません

まず、中国の景気減速は今に始まったこと
ではありません。
中国経済は構造的な問題を抱えており、
即効的な解決策はなく、本格的な回復には
長い時間がかかります。
従って、目先の経済指標に一喜一憂して
いてもほとんど意味がありません。
人民元の下落も上海市場の急落のこれら
から派生している現象です。
もっとも上海市場などは賭博場みたいな
ところですから、この動きに世界中が
大騒ぎするのはバカバカしい限りですが・・・。

そもそも株式市場は昨年来、中国経済の
高度成長から安定成長への移行、
すなわち“GDP6%時代”をかなり織り込んで
きています。
日本企業の動きをみても、中国国内の
人件費が実質的に日本より高くなったことや、
また今後有望な市場は中国からアセアンに
移ると睨んで、既に生産拠点のアジアへの
移転や国内回帰を着々と進めています。
従って、日本企業については必要以上に
心配することもないのです。

また、中東情勢の緊迫化も今に始まった
ことではなく、宗派対立は何千年もの
歴史的な経緯があり、所詮解決などしない
紛争です。
どんな第三者が仲介しても難しいでしょう。
解決しない問題には市場はいつまでも
拘らないものです。
また、北朝鮮は世界で数少ない個人崇拝
の独裁国家ですが、このような国の成れの
果ては歴史が証明しているとおりです。

物は考えよう、年初に悪材料が一気に噴出
して却って良かったと考えたらよいでしょう。
これからは好材料が続出すると思えば
いいのです。
自由主義経済が存続する限り、株式市場が
崩壊することはなく、そして
“必要以上に売られた”銘柄
は必ず戻ってきます。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
上昇相場でも、下落相場でも、対応したい投資家に!
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
株価の上昇が期待 できる銘柄&
株価が下落と予想される銘柄をペアで配信!
バリューサーチ投資顧問が考案したロングショート戦略!
週1回、類似業種「買いと空売り」のペア株式を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
スポンサーサイト