☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

2月末時点での割安指標は、東証一部平均で
PERは14.8倍、PBRは1.1倍、配当利回りは2.2%
歴史的な割安水準になっています。
ところが最近の市場では割安度云々という話は
ほとんど聞かれません。
この現象はリーマンショック時においても全く
同様でしたが、まさに、
割安指標は死んだのか?
ということです。

景気への不安が大きい時期は、割安に放置
されている銘柄ほど業績不安が大きいと
市場が判断します。
従って、割安株ほど大きく売られることに
なります。
その結果、PERが7~8倍だとか、PBRが0.5倍
前後などという異常とも思える銘柄が大量に
出てきます。

一方で、どんなに割高でも増益銘柄なら
何でもOKという現象が起きます。
昨年来の内需株の一角がその典型です。
ただ、このような相場がいつまでも続くわけ
ではありません。
今までかなり割高まで買われてきた食品株
や小売株の一角に上値の重さが見え始めて
います。
いわゆる潮目の変化、すなわち物色の流れ
変化が生じてきているのです。

次の局面では、世界経済の減速や円高進行で
大きく売り叩かれた外需株に番が回ってきそう
です。
下落局面ではなかなか手が出しにくかった
輸出関連株が見直されることになるでしょう。
このような相場になれば、また割安度という
言葉が復活してくるはずです。

それでは、また来週!

これだけ学べば初心者でもOK!
「割安株を探そう!」10分間投資講座
バリューサーチ投資顧問株式会社では、
当社独自の8つの割安指標をベースに置いた
ファンダメンタルズ中心の分析により、投資行動に
踏み切れる「根拠ある」銘柄を推奨します!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク