☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨年の日本の株式市場は日経平均が40%以上も上昇
しましたが、今年(※2006年)に入り、
16,000円を中心とした不安定な動きとなっています。
現在の相場を端的で言えば、
昨年来の大幅高に対する調整局面
だということです。
昨年の夏以来、殆ど休みなしに上昇してきたわけですから、
ひと休みして当然なのです。

最近の相場は、景気回復を示す指標や企業の増益の
ニュースに慣らされ、
良い材料に対する反応は緩慢となり、
一方で
業績の下方修正や日銀の量的緩和の早期解除観測などの
悪材料に対しては、極めて敏感に反応する
という軟地合いとなっています。
ライブドア事件をきっかけとした調整も、
ほとんど日柄整理も経ず、中途半端に高値を付けました
ので、
信用買い残を膨らませ、調整を長引かせる
という皮肉な結果となっています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
投資家の中には、環境さえ良ければ相場は常に上がるもの
と思い込んでいる方もいますが、
人間だって何ヶ月も休みなしで働けば、仕事の効率は
落ちるし、いい発想が浮かばなくなります。
いい仕事をするには適度な休息が不可欠なのです。
相場もまさにそれと同じで、
調整は決して悪いことではなく、次の上昇へのステップ
になるのです。

その間、大量な買い残を抱えた投資家が
評価損や金利負担に耐え切れなくなり、見切り売りを出し、
そこで初めて
信用買い残の整理が進みます

また、
調整期間は色々な悪材料、直近では日銀の量的緩和の
早期解除などを織り込んでいく時間でもあるのです。
サプライズで相場は反応しますが、時間が経つと
サプライズがサプライズでなくなり、
そこで初めて
良い材料も、悪い材料も相場に織り込まれる

のです。

ともあれ、昨日(※2006年2月現在)に発表された
昨年10~12月の実質GDPは5.5%を示し、
日本の経済拡大はまさに世界をリードする状況にあります。
景気の堅調とわが国企業の体質改善を映して、
来期以降も企業業績が史上最高益更新ということ
が確認できれば、市場の割高感が徐々に後退し、
再度力強い上昇トレンドが期待できると見ています。

調整局面は
新たな相場へのエネルギーを蓄える貴重な時間
なのです。

それでは、また来週!

■実体験コーナー
第3四半期業績がほぼ出揃いましたが、
通期予想を上方修正または下方修正した銘柄は
たくさんあります。
最新のデータで割安株をチェックしてみませんか?
「銘柄発掘ナビ」割安株セレクトはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp
(無料サンプルは日経225銘柄が対象、会員サイトは
全上場銘柄が対象です。)

■当社「投資助言サービス<フルサポート型>
1年間   運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか。
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full_entr.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク