☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

先週の東京市場は英EU離脱という
悪材料を消化し、日経平均で+9.21%
大幅に戻す展開となりました。
ただ、業種別の動きを見てみると大変
興味深い現象が見て取れます。

最近、大幅下落していた金融株や
輸出関連株が急反発する中、
食品株が-0.14%と小幅とはいえ
唯一下落したことです。
これは単なるリターン・リバーサルの
動きというよりも、大げさに言えば、
数年間続いた食品株相場の歴史的な
転換という感じがしてなりません。
最近の円高局面でも上値が重いと
感じていましたが、食品株相場の終焉
の前触れだったように思います。

ロング・ショート戦略を基本としている
ヘッジファンドが食品株を買いから売りに
転換したかもしれません。
もしそうだとすれば、空売りしてもなかなか
良い結果が出なかった食品株がやっと
売り妙味が出てきたということです。

相場を見る上で、上に行くのか、
下に行くのかを読むことは無論大事ですが、
それだけでなく、物色の流れを掴むことも
非常に重要だということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
今、買いの銘柄&空売り銘柄をペアで配信!
当社独自の個別株式ロングショート戦略のサービスです。
週1回、「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト

スポンサーリンク